チューリッヒ生命 終身医療保険プレミアムDX 2018年度版

主契約部分の評価

ranks

特約部分の評価

rankb

※RANKはS~Dまで評価

 

チューリッヒ生命の終身医療保険

今回はチューリッヒ生命の終身医療保険、

終身医療保険プレミアムDXについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

終身医療保険プレミアムDXの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は30日型・60日型・120日型・365日型から選択できる

がん(上皮内がん含む)、心疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患での七大疾病入院無制限型を選択できる

無制限の対象が糖尿病以外は病気が限定されておらず範囲が広い

七大疾病入院無制限型を選択するとストレス性疾病延長入院特約も同時に付加される

ストレス性疾病延長入院特約は所定のストレス性疾病で入院した場合、支払限度日数が365日に延長される

 

手術給付金は外来で入院日額に関係なく5万円が給付される

手術給付金は入院中及び放射線治療で入院日額に関係なく5万円、10万円の給付が選択できる

手術給付金は入院中及び放射線治療で入院日額1万円以上の場合は20万円の給付も選択できる

 
 

このように、主契約に関しては

かなり充実しており、

プロの間での評判もいいです。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を 検討している場合は、

選択肢としてありです。

 

1入院の選び方ですが、

おすすめは365日型です。

 

七大疾病無制限などを付加しても、

それ以外の病気で長期入院の可能性は

ないとは言えないからです。

 

面白いのが30日型というのがあるところです。

敢えてこの30日型を選んで

保険料を安く抑えつつ、

特約を充実させるということが可能です。

 

七大疾病無制限を付加すれば、

たとえ30日型であっても、

七疾病に限っては入院無制限になります。

 

全てのがんも入院無制限になります。

 

その部分だけを考えると、

がん保険と同じです。

つまり特約で

三大疾病診断一時金を付加すれば、

医療保障付きがん保険というようなことが

可能になります。

 

七大疾病無制限は

いざというときに使うという

保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

所定のストレス性疾病も

365日に延長されますので

他社と比較する場合の参考にしましょう。

 

手術給付金も外来は5万円です。

入院日額が5000円でも

10倍の5万円が付加可能です。

入院中手術と放射線は

5万円、10万円を選択でき、

入院日額1万円以上なら

20万円を選択することもできます。

選択肢が多いのは良いことです。

プロの間でも評判が良い部分です。

 

※所定のストレス性疾病とは以下のとおりです。

統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
 
気分・感情障害

神経症障害、ストレス関連障害および身体表現性障害

摂食障害

非器質性睡眠障害

胃潰瘍

十二指腸潰瘍

潰瘍性大腸

過敏性腸症候群

更年期障害

 

主契約部分で残念な点

細かいところですが残念な点が二つあります。

 

一点は七大疾病延長入院特約です。

これを付加しなければ無制限はなくなります。

無制限なしか、七疾病無制限か、二択なんです。

 

七疾病も無制限の保障はいらないので、

三大疾病(がん、脳血管疾患、心疾患)だけ

無制限保障があればいい。

そういう方もいると思います。

 

これも選択できるようになっていれば

なお良かったのにと思います。

 

もちろん、保障という意味では疾病範囲が広く

内容に申し分はありません。

 

 

もう一点は

ストレス性疾病延長入院特約です。

七大疾病無制限を付加すると

付いてくるのですが、

分けて付加できる方が

選択肢があってよかったと思います。

 

終身医療保険プレミアムDXの特約部分

この医療保険の特約は

そんなに多くはありません。

 

とてもシンプルですので、

どれを付加するかしないかということで

悩むこともあまりないと思います。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療給付金特約は技術料と同額で通算2000万円まで

先進医療支援給付金は先進医療給付金とは別に1回15万円が給付される

 

退院後通院給付金は入院日額に関係なく1日につき5000円が給付される

 

三大疾病診断給付金の対象はがん(上皮内がん含む)・脳卒中・急性心筋梗塞

三大疾病診断一時金は入院日額の100倍まで(50万円か100万円)でかつ100万円が上限となる

がん(上皮内がん含む)の診断一時金は初回診断時・2回目以降は治療目的での入院時に給付される

脳卒中・急性心筋梗塞の一時金は治療目的で入院したときに給付される

一時金は給付から2年に1回を限度に何度でも給付対象となる

 

入院一時金特約は入院日額に関係なく5万円・10万円・20万円のどれかを付加することができる

 

ストレス性疾病保障付就業不能保障特約(最大保険期間75歳まで)の対象はストレス性疾病と5疾病である

5疾病とは悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変および慢性腎不全である

5疾病による就業不能の給付条件は所定の就業不能状態が該当した日を含めて60日をこえて継続したと診断されたときである

ストレス性疾病の就業不能の給付条件は所定のストレス性疾病による入院が60日をこえたときである

就業不能年金は年金支払期間1~10年・年金月額5~30万円で選択でき受け取り保険金累計 600万円までとなる

 

保険料払込免除特約の条件は悪性新生物と診断又は脳卒中・急性心筋梗塞で治療のため入院したとき

 

死亡保障特約は100万円付加できる

 
 

このように特約に関しては

数は少ないものの、

ある程度の重要部分は

カバーされています。

 

特約部分で優れている点

入院一時金特約は

入院日額に関係なく

最大20万円付加できます。

短い入院の後に

自宅療養などになるケースでは

この特約は有効です。

 

 

就業不能特約が付加できるのは

評価できる部分です。

保険期間も75歳までですので

就業期間としては

十分だと思います。

 

給付年金の金額と期間も

自由度が高いので

選択肢が広がります。

 

 

保険料払込免除特約の条件

脳卒中・急性心筋梗塞は

60日以上の後遺症だったり

60日以上の労働制限だったり

するところも多いのですが、

入院したときに対象となりますので

少し幅が広くなっています。

 

特約部分で残念な点

残念なのは

三大疾病の範囲が

「がん」に関してはいいのですが、

他の2疾病に関しては

「脳卒中」「急性心筋梗塞」

限定されてしまっているところです。

 

この場合、例えば狭心症で入院しても

給付の対象にはなりません。

 

付加できる保険金額も

入院日額の100倍までで

上限も100万円なので、

せめて入院日額の200倍までで

上限は200万円くらいには

して欲しかったですね。

 

入院日額5000円の場合だと

三大疾病保障が少し弱くなるのは

残念なところです。

ここはプロの評判もあまり好ましくありません。

 

今回のチューリッヒ生命

「終身医療保険プレミアムDX」の

パンフレットはこちらから請求可能です。

他の医療保険と共に一括資料請求をして

ご自身で保険料などの詳細を確認してみましょう。

siryouseikyuu

保険料などをプロに比較してもらう場合の

見直し相談先のおすすめはこちらです。

他の医療保険もあわせて比較してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。