T&Dフィナンシャル生命 家計にやさしい医療保険 2018年度版

主契約部分の評価

ranka

特約部分の評価

rankD

※RANKはS~Dまで評価

 

T&Dフィナンシャル生命の終身医療保険

今回はT&Dフィナンシャル生命の

終身医療保険について

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

この保険は被保険者が

過去1年以内に喫煙がないと

非喫煙者保険料率が適応され

保険料が安くなります。

 

これを適応した場合と

しない場合とでは

どれくらいの保険料になるか

比較してもらいましょう。

 

T&Dフィナンシャル生命 家計にやさしい医療保険の主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

なお放射線治療の給付は

手術給付金に含まれます。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型のみしかない

短期入院・外来手術保障充実特則を付加すると日帰り入院から入院10日目まで一律10日分が保障される

がん(上皮内がん含む)、心疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患、膵疾患での八大疾病入院無制限型を選択できる

無制限の対象が糖尿病以外は病気が限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

入院中の手術給付金は入院日額の20倍給付される

短期入院・外来手術保障充実特則を付加すると外来での手術給付金が入院日額の10倍になる

 

5年ごとの健康給付特則を選択できる(基準日までに継続10日以上の給付金支払がない場合に対象)

 
 

このように、主契約に関しては

入院、手術がメインです。

 

健康祝い金付きプランもありますので

そういったのに興味がある人は

検討してもいいでしょう。

 

 

入院給付金を一律10日分給付も

選択できるようになっているのは

自由度が高いといえます。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を検討している場合、

特に八大疾病が不安な場合

選択肢としてありです。

 

八大疾病無制限は

いざというときに使うという

保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

手術に関しては放射線治療も対象です。

保険会社によっては

わざわざ分けて記載していたりしますが、

ちゃんと対象になります。

 

入院中の手術給付金も20倍です。

こちらも他社と比較するときには参考にしましょう。

保険料が安い代わりに、

外来でも入院中でも同じ手術給付金だったり、

入院中が10倍になっている保険会社もあります。

 

珍しいのは特則を付けると

外来手術での給付金が

10倍になるという点です。

手術給付金を増額したい場合に

選択できるのはありがたいですね。

こういう面はプロの間でも

評判の良いところです。

 

主契約部分で残念な点

1入院ですが60日型のみ

というのは残念です。

 

八大疾病無制限特則は

付加することができますが、

それ以外の病気では

対応できません。

せめて120日型は欲しいですね。

 

実は入院に関して

もう一つ残念なことがあります。

1入院の考え方なのですが、

例えば下図のような

パターンがあるとします。

 

itinyuuin

 

①の例では最初の入院30日分と

2回目の入院30日分

併せて60日分しか給付金が出ません。

 

問題は次の②になります。

②では病気が違うので全日数が

給付対象になる保険会社が多い中、

T&Dフィナンシャル生命は

別の疾病でも1入院と

カウントされます!!!

疾病か傷害かの区別のみなので

ひとくくりで疾病となります。

この例ですと後半の20日分は

受け取れません。

 

老後に病気を併発する可能性は

高くなりますが、

その保険が必要な時期に

使えない可能性が出てきます。

 

③は退院後

120日以上経過していますので、

給付対象になります。

180日以上としている

保険会社が多い中、

120日というのは良い点です。

プロの間でも

別の疾病でも1入院に関しては

評判は良くありませんが、

この120日でリセットの部分は

評価されています。

 

 

もう一点は健康給付特則です。

こちらの支払い条件は対象期間中に

「継続10日以上の入院給付金支払」

がない場合となっています。

 

保険を使わなかった場合には

祝い金なしプランに比べると

支払保険料は少なくなります。

 

しかし医療保険に入る目的を考えると

短期入院ではなく長期入院が心配だから

加入するのではないでしょうか。

 

10日以上入院した場合は

祝い金なしプランと

同じということになり、

その対象期間については

祝い金ありプランの方が割高

ということになってしまいます。

 

この制限があるというのが

残念なところになります。

 

T&Dフィナンシャル生命 家計にやさしい医療保険の特約部分

この医療保険の特約は

極端に少ないです。

プロの間でも評判が良いとは

言えません。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額が給付され通算は2000万円まで

 

三大疾病保険料払込免除特約の条件は悪性新生物と診断か脳血管疾患・心疾患で20日以上の入院または手術を受けたとき

 

このように特約に関しては

通院や女性疾病ばかりか

がんや三大疾病に関するものや

介護に関する特約もありません。

 

 

保険料払込免除については

悪性新生物と診断されるか、

心疾患・脳血管疾患が対象で

範囲が広いのは良いことです。

 

対象の疾病が悪性新生物及び、

脳卒中・急性心筋梗塞限定

というところも多いですから。

 

免除の条件も

手術か20日以上の入院ですから、

多少該当しやすくはなっています。

ここが入院開始時であれば

もっと良かったのですが。

 

免除の条件が60日以上の後遺症や

60日以上の労働制限だったり

するところも多いですから、

それに比べると良いですけどね。

 

保険料を終身払いにするのであれば

検討する価値はありますね。

 

 

今回のT&Dフィナンシャル生命

「家計にやさしい医療保険」は

他の医療保険と必ず比較しましょう。

保険料などをプロに比較してもらう場合の

見直し相談先のおすすめはこちらです。

soudansaki

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。