提案された保障内容が不安

30代女性

この方は私のところに相談に来る前、別の代理店でも相談されていた例です。

ひとつの代理店だけだと不安なので、他でも話を聞いておこうと思ったそうです。

こちらに来てくれてよかったです。

当サイトでお伝えしているような、絶対に信頼してはいけない代理店(担当者)に行かれていたようです。

 

この相談者様の目的は、現在の保険を見直して、貯蓄性のある保険と、医療保険(特にがん保障)に加入したいということでした。

先に行かれた代理店は、数十社の生命保険会社を取り扱う大きな代理店でした。

どのような提案をされたのかを確認のため見せてもらったところ、数十社も扱っていながら、ある保険会社1社の商品のみ

医療保険と有期型の変額保険でした。

 

医療保険については高額療養費制度の説明もなく、その他病気の入院日数などの説明もなかったようです。

60日型、120日型の両方を提案されず、60日型の設計をされていました。

他にも女性疾病特約や、10日以内の入院は10日分給付される特約などが付加されていました。

どれも相談者様とのやりとりで付けられたものではなく、現在加入中の保険からこちらに変えればという提案だったようです。

がんが心配だと言われているのであれば、せめてがん保障を増やすなどはできなかったのかと思います。

そもそも、多くの保険会社を取り扱っておきながら提案が1社という時点でおかしいですね。

※代理店の事情についてはこちらをご参照ください

 

変額保険は貯蓄性の保険ということで提案されていました。

※変額保険についてはこちらをご覧ください

正直『またこのパターンか・・・』と呆れました。

投資経験のない人間が、なぜ投資性の商品を売れるのか?

全てのリスクを契約者が背負うのに、売り手の手数料は高いから売りたいのだと想像できます。

リスク説明もマイナスリスクはほぼ説明されていなかったようです。

特に死亡保障も必要ではないということでしたので、自分で株やETFを買ったり、投資信託をする方がリスクが減ることを説明しました。

証券会社には積立投信というものも存在しますからね。

騙される前に相談に来てもらってよかったです。

投資の素人の説明を聞いて、投資商品を購入してはいけません。

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。