ソニー生命 メディカル・ベネフィット リターン 2018年度版

tokusyu

主契約部分の評価

ranks

特約部分の評価

rankc

※RANKはS~Dまで評価

 

ソニー生命の終身医療保険

今回はソニー生命の

終身医療保険

メディカル・ベネフィット リターンについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

ソニー生命 メディカル・ベネフィット リターンの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型、120日型、360日型から選択できる

保険料払込期間は終身払いのみ

がん(上皮内がん含む)・脳血管疾患心疾患の三大疾病での入院は無制限となる

無制限の対象が「がん」のほか「心疾患」「脳血管疾患」で疾病が限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金は外来で三大疾病の場合は入院日額の10倍給付される

手術給付金は外来で三大疾病以外では入院日額の5倍給付される

手術給付金は入院中の手術三大疾病の場合は入院日額の20倍か40倍給付される

手術給付金は入院中の手術三大疾病以外では入院日額の10倍か20倍給付される

 

放射線治療給付金は入院日額の20倍給付される

 

骨髄細胞採取術・骨髄移植術は入院日額の20倍給付される

 

主契約部分に関しては50歳から80歳まで5年刻みのどこかで支払った保険料累計から給付分が引かれ健康還付金として受け取れる

 

主契約部分に関しては解約返戻金があります

 
 

このように、主契約に関しては

しっかりしています。

 

この保険の主契約での

最大の特徴は

使わなかった保険料が戻る

という点です。

 

30歳までに契約すれば

健康還付金の受け取り年齢を

50歳~80歳の5年刻みで選べ、

35歳までの契約で55歳~80歳、

40歳までの契約で60歳~80歳、

45歳までの契約で65歳~80歳、

50歳までの契約で70歳~80歳、

男性は53歳までの契約、

女性は55歳までの契約で75歳か80歳、

男性は56歳までの契約、

女性は59歳までの契約で80歳

での受け取りとなります。

 

還付金の対象となるのは

主契約のみとなります。

三大疾病無制限や

三大疾病の手術給付金なども

主契約に入っていますので

還付の対象となります。

 

特約部分の保険料は

還付されません。

 

逆に特約を使っても

還付金から引かれません。

 

 

1入院の選び方ですが、

おすすめは360日型です。

三大疾病入院無制限があっても、

それ以外の病気による

長期入院の可能性は

ないとは言えないからです。

 

この360日型が還付型の医療で

あるにもかかわらず用意されているのは

プロの間で評判のいい部分です。

 

特に入院が長期になってしまう

就業不能の原因第一位でもある

精神疾患での入院や、

老後に骨折などが原因で

長期の入院になったり

入退院を繰り返すことになると

1年間の入院保障は強いです。

(無制限以外は通算1000日の支払限度)

 

主契約部分で残念な点

保険料は終身払いのみですので、

還付金を受け取った後は

契約を続けるためには

そのまま保険料を

払い続ける必要があります。

 

通常の医療保険よりは

割高になりますので、

長く払うことを考えると、

若い時期に短期払いで

他の医療保険に入る方が

良いケースも考えられます。

 

入院中の手術給付金において、

三大疾病以外による

開頭・開胸・開腹手術

(穿頭器・胸腔鏡・腹腔鏡含む)

入院日額の20倍給付されますが、

それ以外の手術では

10倍となっています。

 

三大疾病による手術では

開頭・開胸・開腹手術

(穿頭器・胸腔鏡・腹腔鏡含む)

入院日額の40倍給付されますが、

それ以外の手術では

20倍となっています。

 

そうすると、入院中の手術の多くは

10倍に該当するでしょうから、

入院中の手術は一律20倍の方が

多く受け取れる可能性が高くなると

考えられます。

 

入院中の

三大疾病以外の手術は20倍、

三大疾病の手術は40倍とした方が

わかりやすく内容も良かったのにと

思ってしまいます。

 

一見すると三大疾病の

手術給付金が多いように

思ってしまいますが、

他社の10~40倍の手術給付金が

受け取れる保険と比べると、

あまり大差はありません。

 

 

最後に、残念というよりは

知っておくべき点ですが、

還付対象となるのは

主契約となります。

三大疾病無制限や

三大疾病による手術給付は

主契約に組み込まれます。

 

一見、良い様に思えますが

主契約ということは、

もしも三大疾病の入院で

無制限対象となるような

長期入院をした場合や

手術を受けた場合には、

全てが健康還付金から

引かれてしまいます。

 

もしこれらが特約であれば

例えば60日型を選んだ場合、

三大疾病による手術や

61日以降の入院に関しては

健康還付金から引かれません。

 

注意しておきましょう。

 

ソニー生命 メディカル・ベネフィット リターンの特約部分

この医療保険の特約は

種類や給付条件などで

少し弱い感じがします。

 

内容については

メディカル・ベネフィット

同様です。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額が給付され通算は2000万円まで

 

入院一時金給付特約は1回の入院で入院日額の30倍まででかつ20万円以下に設定した一時金が給付される

入院一時金給付特約は三大疾病の場合は設定金額の2倍の一時金が給付される

 

三大疾病で入院した場合に入院給付金が上乗せされる三疾病入院給付特約が付加可能

三疾病入院給付特約の支払日数は無制限となる

 

特定疾病診断給付特約の対象疾病はがん上皮内がん含む・急性心筋梗塞・脳卒中となる

この特約の対象範囲は三大疾病と違い病気が限定されている

がん(上皮内がん含む)の一時金給付条件は診断時となる

急性心筋梗塞の一時金給付条件は60日以上所定の労働制限が継続したと診断されたときとなる

脳卒中の一時金の給付条件は60日以上所定の後遺症が継続したと診断されたときとなる

特定疾病診断給付金は1回限りの受け取りとなる

 

抗がん剤治療特約は終身保障である

抗がん剤治療特約は抗がん剤治療を受けた場合に給付金を最大120ヶ月受け取れる

 

女性特定手術給付特約は女性特有の疾病で入院中に手術を受けたときに給付金が上乗せされる

女性特有の疾病で外来手術を受けた場合の給付金は入院中手術給付金の50%となる

 

このように特約に関しては

どの疾病に対して強いのかが

はっきりしていない印象です。

 

特約部分で残念な点

特定疾病診断給付特約ですが

対象疾病の範囲が

「がん」はいいのですが、

他の二疾病が

急性心筋梗塞・脳卒中

疾病が限定されています。

 

更にその二疾病の給付条件が

60日以上の労働制限継続や

後遺症の継続となっており、

2018年度の医療保険としては

相当厳しい条件となっています。

更に1度給付されると

特約は消滅します。

これに関してはプロの間でも

評判の悪いところです。

 

他社では同じ疾病でも

給付条件が入院開始だったり、

手術を受けたときだったり、

更には

1年に1度や2年に1度の

複数回払いにも

対応してたりします。

ハードルが全然違います。

 

三疾病入院給付特約の

がん以外の対象は

心疾患・脳血管疾患

疾病範囲が広くなっていますが、

入院ではなく一時金の方の

対象が広範囲である方が

ありがたいですね。

 

入院一時金特約では

三大疾病の範囲は

広範囲で2倍の給付ではあるものの、

付加できる金額が少なく

物足りません。

 

 

抗がん剤治療の特約はありますが、

がん診断一時金のみの

特約はありません。

 

特定疾病一時金だけでなく、

複数回払いに対応している

がん診断一時金給付の特約を

付加できる方が安心です。

 

女性疾病の特約も手術はありますが、

入院はありません。

 

ここは入院と手術をセットにするか、

別々に付加できる選択にするなど

自由度を高めて欲しかったです。

 

メディカル・ベネフィット リターンの活用方法

メディカル・ベネフィット リターンの

最大の特徴は健康還付金です。

 

主契約のみに加入して

還付金を受け取る年齢で

保険を解約すれば、

保険を使っていなければ

保険料は全額戻ります。

 

だからといって、

主契約だけで加入すると

保険としては弱いものになります。

 

いくつかこの保険を

どのように活用する方法があるか

紹介したいと思います。

 

還付と同時に解約を前提に特約を目当てに加入

あくまで働き盛りの保障として

還付金を受け取るまでの間に

保障を厚くする目的で加入します。

 

主契約の保険料は払いたくないが、

特約部分は還付されませんが

がんや特定疾病を一時金や

入院日額の上乗せ保障で

カバーしたい場合などに有効です。

 

還付金を受け取ったら

解約することを前提として

加入しておきます。

 

もちろん絶対に解約しなくても

不安であれば

そのまま継続すればいいだけです。

 

還付と同時に入院日額を減らす

還付金を受け取るまでは

大きな保障を得る為に

例えば入院日額を1万円に

しておきます。

 

還付金を受け取ったら

1万円だった入院日額を

例えば5千円に減額します。

 

これで働き盛りの間は

保障も大きく安心ですし、

保険を使わなくても

戻る額も大きくなります。

 

前述しましたように、

必要に応じて特約も付加しておき、

還付金を受け取ったら

特約も外すことが可能です。

 

入院日額の上乗せとして活用

メインの医療保険は

他に加入しておき、

入院日額と

手術の上乗せとして

この保険を活用します。

 

働き盛りの時期に

保障を上乗せする目的ですので

健康還付金を受け取ったら

解約することを前提に加入します。

 

今回のソニー生命

メディカル・ベネフィット リターンの

保険料などを

プロに比較してもらう場合の

見直し相談先の

おすすめはこちらです。

組み合わせ方などを

プロに相談したり

他の医療保険と

比較することをおすすめします。

soudansaki

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。