セコム損保 自由診療保険メディコム 2018年度版

評価

rankb

※RANKはS~Dまで評価

 

セコム損保の定期がん保険

今回はセコム損保のがん保険

自由診療保険メディコムについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらはがんの治療を中心に

自己負担分を保障する

がん保険の定期タイプになります。

 

保障は5年間で更新時に

保険料は上がります。

90歳までの自動更新です。

 

自由診療保険メディコムの主契約部分

このがん保険の主契約は

がん診断一時金のほか

入院・手術・通院などの治療に

かかった治療費の自己負担分

保障します。

 

他社のがん保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

がん(上皮内がん含む)診断保険金は100万円と決まっている

がん(上皮内がん含む)診断保険金は初回・2回目以降ともに診断時に受け取れる

2回目以降の受け取り条件は3年経過後に再発や転移で新たに悪性がんと診断された場合に受け取れる

 

がん入院保険金はがんの入院中のがん治療にかかった費用の自己負担分が無制限に給付される

がん入院保険金は手術や先進医療のほか自由診療も対象となる

がん入院保険金は差額ベッド代や新聞代などの治療と関係のないものは給付対象にならない

 

がん外来保険金はがんの通院治療にかかった費用の自己負担分が5年ごとに1000万円まで給付される

がん外来保険金は手術や先進医療のほか自由診療も対象となる

がん外来保険金は交通費や宿泊費など治療と関係のないものは給付対象にならない

 

高額療養費制度が適用された場合には高額療養費を差し引かない一部負担金相当額が給付の対象となる

 

自由診療の場合の給付対象は指定されている協定医療機関への入院または外来診療に限られる

 

セコム損保のがん保険

自由診療保険のメディコムには

特約がありません。

この主契約の保障が全てで

保障額などの選択肢はありません。

 

保障されるのは

治療費が対象ですので

差額ベッド代などは

給付金の対象外です。

 

自由診療保険メディコムの注意点

一般的な入院や手術および

通院や診断一時金が給付される

がん保険での給付金を

受け取った場合でも

自由診療保険メディコムの

給付金は支払われます。

 

しかし自由診療において

治療費等の実額を支払う

他の保険契約から保険金が

給付された場合は、

その支払われた保険金の額が

差し引かれて保険金が給付されます。

 

自由診療保険メディコムの優れている点

高額療養費制度が

適用された場合には

自己負担分ではなく

高額療養費を差し引かない

一部負担金相当額が

給付の対象となります。

 

例えば100万円の医療費が

かかってしまった場合、

高額療養費制度を使って

9万円近くの自己負担になっても、

健康保険による一部負担金が

3割負担だとすると保険金は

30万円が給付されます。

 

もしこういったケースに

該当してしまった場合には

とても助かりますね。

 

自由診療保険メディコムの残念な点

がん診断保険金の給付金額は

100万円と決められているため

自由に設定できません。

しかも主契約ですから

外すこともできないというのは

非常に残念なところです。

 

また、2度目以降の給付条件が

3年に1度ですが

ここは1年に1度であって欲しい

ところです。

その給付金を受け取るために必要なのが

3年経過後の再発や転移による診断

となっています。

 

一見良さそうに思えますが、

初めてガンになってしまって

その後再発や転移ではなく

治療が続いていた場合には

対象となりません。

 

もし2度目の給付条件が

治療のための入院や通院であれば

治療が長引いている場合に

給付の対象となるのですが

そうではありません。

 

再発や転移でも診断されたのが

3年以内の場合には、その後の

治療のための入院や通院でも

給付の対象外となります。

 

ここは診断だけではなく

治療にも対応してほしかったです。

プロの間でも残念だという評判です。

 

自由診療保険メディコムとSBI損保のがん保険

自由診療保険メディコムは

定期型のがん保険ですので

若いうちは保険料を

低く抑えられます。

 

主契約が診断給付金のほか

がん治療の実費保障するもの

になっています。

 

同じような保険で

SBI損保のがん保険があります。

 

こちらはがん診断一時金が

特約になっているため、

自由に外すことが可能です。

 

よって診断一時金の部分は

他のがん保険や医療保険で

終身保障として持っておけます。

 

そうするとSBI損保のがん保険は

診断一時金を付加しなければ

90歳までの更新をしても

それほど保険料は高くなりません。

 

残念ながらメディコムの場合は

がん診断一時金がセットということもあり

90歳までの更新をすると

保険料が相当高くなります。

特に男性の場合には

63歳で月1万円以上

保険料になってしまいます。

 

がん診断一時金については

給付の条件などについても

他社の方が優れています。

 

自由診療保険メディコムに

加入するのであれば

ある年齢までの契約と決めて

加入する方がいいかもしれません。

 

各社のガン保険との

組み合わせや提案書は

複数社の保険を扱っている

乗り合い代理店や

保険ショップで

設計してもらいましょう。

soudansaki

 

今回のセコム損保

「がん保険の自由診療保険メディコム」の

パンフレットはこちらから

請求可能です。

siryouseikyuu

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。