SBI生命 「も。」 2018年度版

主契約部分の評価

rankb

特約部分の評価

rankc

※RANKはS~Dまで評価

 

SBI生命の終身医療保険

今回はSBI生命の終身医療保険、

「も。」について

しっかりと解説していこうと思います。

変わった名前の医療保険ですね。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

保険料は上がりません。

 

「も。」の主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型、120日型から選択できる

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

手術給付金は入院中で入院日額の10倍重大手術なら40倍が給付される

放射線治療及び骨髄移植術・骨髄幹細胞の採取術は入院日額の10倍給付される

 
 

このように、主契約に関しては

入院、手術がメインですが

他社と比較するとしっくりきません。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を検討している場合、

選択肢としてはおすすめしません。

 

プロの間での評判はあまりよくありません。

 

主契約部分で残念な点

三大疾病の無制限など

他社では付加できる特則が

ありません。

保険は安心を買うわけですから、

あった方がいいですね。

 

 

手術給付金についても

入院中の手術が10倍か

限られた疾病での

重大手術などが40倍となります。

その中間の20倍がありません。

 

40倍というと聞こえがいいですが、

該当する手術は少ないです。

むしろ他社では20倍となる手術でも

10倍しか受け取れなくなります。

重度三大疾病以外

開頭・開胸・開腹手術

腹腔鏡・胸腔鏡・縦隔鏡

用いた手術などもそうです。

こういったところに

保険料を下げる仕組みが

あるのかもしれません。

 

以下、重大手術です。

1.悪性新生物に対する開頭・開胸・開腹手術および四肢切断術
 
2.脊髄腫瘍摘出術、頭蓋内腫瘍開頭摘出術、縦隔腫瘍開胸摘出術
 
3.心臓・大動脈・大静脈・肺動脈・冠動脈の病変に対する開胸・開腹術
 
4.日本国内で行われた心臓・肺・肝臓・膵臓・腎臓(それぞれ人工臓器を除く)の移植手術

 

「も。」の特約部分

この医療保険の特約は

かなり物足りないです。

 

他社にはない

「在宅医療特約」があるのが

珍しいくらいです。

 

プロの間でも

評判が良いとは言えません。

 

RANKがDではなくCなのも

珍しいこの特約があるからで、

なければ間違いなく

RANK D です。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円までで10年更新となっている

 

退院後の通院を保障する通院特約が入院日額の6割で付加可能

 

退院後に1カ月に1回以上の在宅医療受診につき入院日額の6倍(上限6万円)の在宅医療給付金が受け取れる

 

このように特約に関しては

三大疾病に関するものや

がんに関するものばかりか、

女性疾病、保険料払込免除、

介護に関する特約もありません。

 

プロの間での評判も

良いとはいえません。

 

在宅医療の特約があるということ。

この1点だけがこの保険の特徴です。

 

ではその内容はどうなのでしょうか。

 

まず通院が困難であると

医師が判断しなければなりません。

かつ、計画的な医学管理のもとに

医師または医師の指示による

看護師、保健師、理学療法士等が

定期的に被保険者の居宅等を訪問し、

公的医療保険制度を利用した診療

または看護等を行うことをいいます。

往診は該当しません。

歯科医師によるものも除きます。

 

このような条件であっても

在宅医療の保険が

どうしても欲しい場合には

検討する価値はあるかもしれません。

 

それ以外の場合には

特にこの保険に加入するという

メリットはありません。

 

 

今回のSBI生命「も。」に関しては、

あまりおすすめできません。

他の医療保険と必ず比較しましょう。

保険料などをプロに比較してもらう場合の

見直し相談先のおすすめはこちらです。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。