楽天生命 スーパー医療保険 2018年度版

主契約部分の評価

rankc

特約部分の評価

rankb

※RANKはS~Dまで評価

 

楽天生命の終身医療保険

今回は楽天生命の終身医療保険、

スーパー医療保険について

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

スーパー医療保険の主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型のみしかない

8疾病入院支払限度拡大特則を付加すると悪性新生物心疾患脳血管疾患での入院が無制限になる

8疾病入院支払限度拡大特則を選択すると高血圧性疾患・糖尿病・肝疾患・腎疾患・膵疾患での入院が120日に延長される

8大疾病の対象が悪性新生物と糖尿病以外は病気が限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

手術給付金は入院中の手術で入院日額の20倍給付される

 

放射線治療給付金は入院日額の20倍給付される

 

骨髄ドナー給付金は入院日額の10倍が給付される

 
 

このように、主契約に関しては

入院、手術がメインです。

 

1入院は60日型のみですので

8疾病入院支払限度拡大特則は

付加しておくほうがいいです。

 

8疾病入院支払限度拡大特則を

付けた場合は

悪性新生物も入院無制限になります。

 

その部分だけを考えると、

がん保険と同じです。

つまり特約で

がん診断一時金を付加すれば、

医療保障付きがん保険というようなことが

可能になります。

 

 

入院中の手術給付金も20倍です。

こちらも他社と比較するときには参考にしましょう。

保険料が安い代わりに、

外来でも入院中でも同じ手術給付金だったり、

入院中が10倍になっている保険会社もあります。

 

主契約部分で残念な点

1入院ですが60日型のみ

というのは残念です。

 

8疾病入院支払限度拡大特則は

付加することができますが、

それ以外の病気では

対応できません。

せめて120日型は欲しいですね。

 

なぜか三大疾病のがんについては

悪性新生物のみ

上皮内がんは入っていません。

上皮内がんは入院を延長する必要なしと

判断されているのでしょうか。

対象にしておけばいいのにと

思ってしまいます。

 

 

もう一つ

とても残念なことがあります。

 

入院についての

1入院の考え方なのですが、

例えば下図のような

パターンがあるとします。

 

itinyuuin

 

①の例では最初の入院30日分と

2回目の入院30日分

併せて60日分しか給付金が出ません。

 

問題は次の②になります。

②では病気が違うので全日数が

給付対象になる保険会社が多い中、

スーパー医療保険では

別の疾病でも別の傷害であっても

1入院とカウントされます!!!

疾病か傷害かの区別もなく

ひとくくりで疾病となります。

 

この例ですと

2回目の入院の

後半の20日分は受け取れません。

にもかかわらず

60日型しかありません。

これはプロの間でも

評判はかなり悪いです。

なぜなら、

老後に病気を併発する可能性は

高くなりますが、

その保険が必要な時期に

使えない可能性が出てくるからです。

 

③は退院後

180日以上経過していますので、

給付対象になります。

 

延長される5疾病の場合は

120日まで保障され、

無制限型対象の疾病であれば

全て給付対象となりますが、

ここはよく知っておく必要があります。

 

こういうところで、

将来の給付金を抑えて

保険料を安くしようとしている

可能性があります。

 

スーパー医療保険の特約部分

この医療保険の特約は

そんなに多くはありません。

 

とてもシンプルですので、

どれを付加するかしないかということで

悩むこともあまりないと思います。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで

先進医療特約は10年更新型で95歳までの保険期間となる

 

退院後の通院を保障する通院特約が付加可能

通院特約は入院日額の60%となる

 

がん診断一時金を受け取れるがん特約を付加可能

がん診断一時金は入院日額に関係なく200万円まで付加可能

がん診断一時金は上皮内がんの場合は50%の受け取りとなる

がん診断一時金は初回診断時・2回目以降は入院時に給付だが上皮内がんは初回限りの給付となる

一時金は1年に1回を限度に6回まで給付対象となる

 

急性心筋梗塞・脳卒中特約を付加するとこれらの疾病で入院したときに一時金を受け取れる

一時金は入院日額に関係なく200万円まで付加可能

一時金はそれぞれ1年に1回を限度に6回まで給付対象となる

 

このように特約に関しては

数は少ないものの、

大事なところはカバーされています。

 

特約部分で優れている点

急性心筋梗塞・脳卒中一時金や

がん一時金については

入院日額に関係なく

200万円まで付加できますから、

入院日額5000円でも

大きな一時金を確保できます。

 

1年に1度復活もしますから、

特約としては強いと思います。

2年に1度ではありません。

プロの間での評判もいいですね。

 

もうひとつの強みとして

悪性新生物・上皮内新生物の一時金及び

急性心筋梗塞・脳卒中の一時金

それぞれの疾病に対して対象となります。

 

例えば、悪性新生物と診断され

一時金を受け取り、

1年以内に上皮内新生物と

診断された場合は

それぞれが別扱いとなるため、

給付の対象となります。

 

他にも、急性心筋梗塞になって

一時金を受け取り、

1年以内に脳卒中で入院した場合は

それぞれが別扱いとなるため、

給付の対象となります。

 

特約部分で残念な点

上皮内新生物の一時金

1回限りの給付というのは残念です。

 

 

「脳卒中」「急性心筋梗塞」の特約では

この2つの疾病に

限定されてしまっているというのは

残念なところです。

 

脳血管疾患・心疾患ではありません。

 

この場合、例えば狭心症で入院しても

給付の対象にはなりません。

 

 

必ず必要な特約

というわけではありませんが、

三大疾病保険料払込免除

女性疾病の特約がないのは

選択肢がなくて残念です。

 

 

今回の楽天生命

「スーパー医療保険」については

他社の医療保険とも

しっかりと比較されることを

おすすめします。

特に主契約の部分では

本当にこの保障で

老後の安心が得られるか

考える必要があります。

 

保険料などを

プロに比較してもらう場合の

見直し相談先の

おすすめはこちらです。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。