オリックス生命 Believe 2018年度版

評価

rankb

※RANKはS~Dまで評価

 

オリックス生命の終身がん保険

今回はオリックス生命の終身がん保険、

Believe(ビリーブ)について

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらはがんの診断や

入院や手術などを保障する

がん保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

Believeの主契約部分

このがん保険の主契約は、

診断一時金、入院一時金、

退院一時金、入院、手術です。

 

他社のがん保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

がん初回診断一時金は初めてがん(上皮内がん含む)と診断確定されたとき入院日額の100倍が受け取れる

がん初回診断一時金は1回限りの給付となる

 

がん治療給付金はがん(上皮内がん含む)の治療を目的として入院を開始したとき入院日額の50倍が受け取れる

がん治療給付金は2年に一度復活し回数制限はない

 

がん入院給付金はがんによる入院は無制限に保障される

がん入院給付金は50歳未満の場合は日額1万円しか選択できない

がん入院給付金は50歳以上の場合は日額5000円~1万円が選択できる

 

がん手術給付金は入院の有無を問わず入院日額の20倍が受け取れる

 

がん退院一時金はがんで10日以上継続入院後の退院時に入院日額の10倍が受け取れる

 
 

このように、主契約に関しては

初めてがんと診断されて

入院をした場合に、

入院日額1万円の場合には

診断一時金100万円と

治療給付金の50万円を合わせて

150万円の一時金

受け取ることができます。

 

この入院時に受け取れる

50万円がありますので、

通院特約を付けないという

選択肢もありです。

 

診断一時金の100万円は

1回限りの給付となりますが、

初回に多くの一時金が受け取れるのは

優れた内容だと思います。

プロの間でも評判の良いところです。

 

2度目の給付は入院で50万円ですが、

初回に100万円、2度目も100万円の

他のがん保険と比較した場合、

結局総額は200万円となりますから、

受け取れるかどうかわからない

2度目の給付よりも、

最初に多く受け取れる方が有利です。

 

主契約部分で残念な点

がん治療給付金の復活が

2年に1回であるところは

残念ではあります。

 

同じオリックス生命の医療保険

新CUREの特約である

がん診断一時金及び

重度三大疾病一時金は、

1年に1度復活します。

 

がん保険も同様であれば

良かったのですが。

 

Believeの特約部分

このがん保険の特約は

通院と先進医療のみです。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

がん先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで

がん先進医療給付金が50万円を限度として技術料の10%給付される

 

がん通院特約は手術、放射線、温熱療法、抗がん剤治療のための通院では日数無制限で保障される

がん通院特約はがんで入院し退院後1年以内はがんの治療目的で通院したとき60日を限度に保障される

 

このように特約に関しては

非常にシンプルな内容です。

 

特約部分で優れている点

手術、放射線、温熱療法、

抗がん剤治療の通院は

日数無制限で保障されます。

長引く治療にも対応できます。

 

これら以外の通院でも

1年以内であれば60日は

保障されますので、

対象の範囲が広くなっています。

 

特約部分で残念な点

選べる特約の数が少ない

というのが残念なところです。

 

今回のオリックス生命

「Believe」のパンフレットは

こちらから請求可能です。

他のがん保険と共に

一括資料請求をして

ご自身で保険料などの

詳細を確認してみましょう。

siryouseikyuu

保険料などを

プロに比較してもらう場合の

見直し相談先の

おすすめはこちらです。

他のがん保険なども

あわせて比較してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。