ネオファースト生命 ネオdeいりょう 2018年度版

主契約部分の評価

ranka

特約部分の評価

rankb

※RANKはS~Dまで評価

 

ネオファースト生命の終身医療保険

今回は第一生命グループ、

ネオファースト生命の

終身医療保険、

ネオdeいりょうについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

この保険は

被保険者の健康状況が

一定基準を満たす場合に

健康保険料率が適応され

保険料が安くなります。

 

これを適応した場合と

しない場合とでは

どれくらいの保険料になるか

比較してもらいましょう。

 

ネオdeいりょうの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型か120日型から選択できる

がん(上皮内がん含む)・心疾患脳血管疾患での入院無制限型を選択できる

無制限の対象が「がん」のほか「心疾患」「脳血管疾患」で疾病が限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

手術給付金はⅠ型(入院2倍)・Ⅰ型(入院4倍)・Ⅱ型の3種類から選択できる

手術給付金はⅠ型(入院2倍)では入院中の手術の場合入院日額の10倍が給付される

手術給付金はⅠ型(入院4倍)では入院中の手術の場合入院日額の20倍が給付される

手術給付金はⅡ型では入院中の手術の場合入院日額の10倍~40倍が給付される

 
 

このように、主契約に関しては

それなりに充実しています。

 

手術給付金の種類を

選択できるというのは

プロの間での評判もいいです。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を 検討している場合は、

選択肢の候補となります。

 

1入院の選び方ですが、

おすすめは120日型です。

 

三大疾病無制限などを付加しても、

それ以外の病気で長期入院の可能性は

ないとは言えないからです。

他にも後述の1入院の定義に

理由があります。

 

無制限を付けた場合は

全てのがんも入院無制限になります。

 

その部分だけを考えると、

がん保険と同じです。

つまり特約でがん診断一時金を付加すれば、

医療保障付きがん保険というようなことが

可能になります。

 

三大疾病無制限は

いざというときに使うという保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

 

手術に関しては放射線治療及び

骨髄等の採取術も対象です。

保険会社によっては

わざわざ分けて記載していたりしますが、

ちゃんと対象になります。

 

主契約部分で残念な点

入院について

1入院の考え方なのですが、

例えば60日型で下図のような

パターンがあるとします。

 

itinyuuin

 

①の例では最初の入院30日分と

2回目の入院30日分

併せて60日分しか給付金が出ません。

120日型なら全て給付対象です。

 

問題は次の②になります。

②では病気が違うので全日数が

給付対象になる保険会社が多い中、

この保険では別の疾病でも1入院と

カウントされます!!!

疾病か傷害かの区別のみなので

ひとくくりで疾病となります。

この例ですと後半の20日分は

受け取れません。

これはプロの間でも

評判はかなり悪いです。

なぜなら、

老後に病気を併発する可能性は

高くなりますが、

その保険が必要な時期に

使えない可能性が出てくるからです。

 

③は退院後

180日以上経過していますので、

給付対象になります。

 

三大疾病無制限タイプなら

それらの疾病に関しては

影響はありません。

 

これに関してはしっかり

理解しておいてください。

 

 

他には手術Ⅱ型です。

がん・脳卒中・急性心筋梗塞の

重度三大疾病による手術

入院日額の40倍給付されますが、

それ以外の

上皮内がん・脳血管疾患・心疾患の

三大疾病による手術

入院日額の20倍

その他の入院中の手術が

10倍となっています。

 

そうすると、入院中の手術の多くは

10倍に該当するでしょうし、

40倍は重度三大疾病によるものと

限定されてしまってますから、

入院中の手術は一律20倍の

Ⅰ型(入院4倍)の方が

多く受け取れる可能性が

高くなると考えられます。

 

選択できるのはいいですが、

入院中手術は20倍と40倍の

どちらかのみであれば、

もっと良かったと思います。

 

ネオdeいりょうの特約部分

この医療保険の特約は

種類も豊富なのですが、

内容については

少し物足りない部分もあります。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額が保障され通算2000万円までの給付となる

先進医療特約は10年更新型である

 

入院一時金給付特約は1回の入院で1万円~20万円の一時金が給付される

 

 

がん診断特約のがん(上皮内がん含む)診断一時金は初回診断時・2回目以降は入院時に給付

がん(上皮内がん含む)診断一時金は診断確定から2年に1回復活し何度でも受け取れる

がん診断特約の一時金は10万円~200万円の間で付加できる

 

抗がん剤治療給付特約は終身保障ホルモン療法等も給付対象になる

抗がん剤治療特約は抗がん剤治療を受けた場合に毎月5万円~30万円を回数無制限で受け取れる

 

保険料払込免除特約の条件がⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型の3種類から選択できる

Ⅰ型の条件は悪性新生物と診断又は脳卒中・急性心筋梗塞で20日以上入院したときか手術を受けたとき

Ⅱ型の条件はがん(上皮内がん含むと診断又は脳卒中・急性心筋梗塞で20日以上入院したときか手術を受けたとき

Ⅲ型の条件はがん(上皮内がん含むと診断又は脳血管疾患・心疾患で20日以上入院したときか手術を受けたとき

 

退院後の通院を保障する通院特約が付加できる

がんによる通院は入院から5年以内は日数無制限で保障される

通院特約には通院開始時に給付を受けられる通院治療一時金給付が付加できる

 

入院や手術を受けた場合の診療報酬点数分による負担割合を保障する治療保障特約が付加可能

治療保障特約には「Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型」があり「診療報酬点数×1円・2円・3円」が給付される

治療保障特約の1ヶ月間の支払限度額は10万円~30万円で通算360万円まで保障される

治療保障特約は10年更新型である

 

女性疾病入院特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)と女性に多い病気も対象

女性疾病給付特約は入院日額が上乗せされる

 
 

このように特約に関しては

それなりに数も多いのですが

内容が複雑になっています。

パンフレットなどでしっかりと

確認する必要があります。

 

特約部分で優れている点

保険料払込免除特約の条件

3種類の中から選択できる

というのは珍しいです。

条件が緩くなればその分

保険料は高くなってしまいます。

 

 

治療保障特約については

入院や手術での医療費の

自己負担をカバーするというものです。

入院日額いくら、ではありません。

 

入院日額を落として

この特約を付加することで

万が一の長期入院のリスクを

回避することができます。

 

特約部分で残念な点

保険料払込免除が

3種類から選択できる反面、

払込免除の条件の一つが

20日以上の入院

であることが残念です。

 

この20日以上という

条件ではなく、

入院したときであれば

もっと良かったですね。

 

 

それと免除はあるのに

三大疾病の一時金特約が

がん診断給付特約のみ、

という点も気になります。

 

三大疾病の一時金も

付加できるように

して欲しかったです。

 

がん一時金も2度目以降

1年に1回ではなく

2年に1回であることも

残念なところです。

 

 

今回のネオファースト生命

「ネオdeいりょう」のパンフレットは

こちらから請求可能です。

他の医療保険と共に一括資料請求をして

ご自身で保険料などの詳細を確認してみましょう。

siryouseikyuu

保険料などをプロに比較してもらう場合の

見直し相談先のおすすめはこちらです。

他の医療保険もあわせて比較してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。