メットライフ生命 リターンボーナスつき終身医療保険 2018年度版

tokusyu

主契約部分の評価

rankc

特約部分の評価

ranknone

※RANKはS~Dまで評価
 「-」は特殊商品のため評価できず

 

メットライフ生命の終身医療保険

今回はメットライフ生命の

リターンボーナスつき終身医療保険

について

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

リターンボーナスつき終身医療保険の主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術、Ⅰ型の場合は

退院と通院も加わります。

 

保険料の終身払いはできず、

65歳払いなどの短期払いのみです。

期間内に支払った保険料累計から

給付された保険金の合計と、

5年ごとの健康祝い金の合計を

引いた金額が払込終了後に

受け取れます。

 

保険料の払込終了後は

医療保障が一生涯残ります。

 

実質の保険料負担がなくなるという、

通常の医療保険に比べると

特殊な保険になります。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型のみ

不慮の事故による怪我での入院の場合は入院日額の倍額が給付される

 

手術給付金は外来・入院中関係なく入院日額の10倍給付され放射線治療も含まれる

 

退院給付金と通院給付金のあるⅠ型なしのⅡ型を選択できる

 

Ⅰ型は5日以上入院後に退院すると入院日額の5倍の退院給付金が受け取れる

 

Ⅰ型は5日以上入院の退院後に通院すると1日あたり入院日額の半分の通院給付金が受け取れる

 

契約日から保険料払込終了まで5年ごとに5日以上の入院がなければ健康祝い金が入院日額の10倍受け取れる

 

保険料払込期間終了後に支払った保険料累計から給付分と健康祝い金累計が引かれ生存還付給付金として受け取れる

生存還付給付金の受け取り時期は保険料払込期間終了後すぐのほか5年・10年の繰越が可能

生存還付給付金の受け取り時期は契約時に選択繰越をすると保険料は安くなる

 

入院日額の10倍の死亡保障がある

 

解約返戻金はあるが非常に少ない

 
 

このように、医療保険としては

弱い部分も多いです。

 

生存還付給付金がありますので、

医療保障を重視するというより

貯蓄の代わりとして

検討するのがいいでしょう。

 

リターンボーナスつき終身医療保険の特約部分

この医療保険に特約は

ありません!

よって先進医療特約も

付加できません。

 

リターンボーナスつき終身医療保険の優れている点

保険料が短期払いのみですので、

保険料の払込さえ終えれば

生存還付給付金受け取り後も

保険料の支払は不要で

医療保障は一生涯残ります。

 

実質の保険料負担が

どれだけ長生きしても

完全になくなります。

 

リターンボーナスつき終身医療保険の残念な点

仕方のないことかもしれませんが、

保険料がかなり高いです。

 

保険料の例ですが、

30歳女性がⅠ型を契約すると

60歳払込満了で毎月

19650円にもなります

 

生存還付給付金受け取りを

5年繰り越すと毎月

15510円になり、

10年繰り越すと毎月

12730円になります。

 

但し保険料払込終了後、

繰越期間までに

保険金の給付があれば

生存還付給付金から

それは引かれます。

繰越はしない方が有利ですね。

 

 

医療保障としては

60日型しか用意されていなかったり、

三大疾病や七大疾病無制限が

付加できないこと。

 

特約が何もなく

付加できないこと。

 

手術給付金に対応している

手術の種類や給付額が

少し少ないこと。

 

こういったところは残念ですね。

 

プロの間でも医療保障としては

評判の良くないところです。

 

 

気をつけなければいけないのが、

この保険には解約返戻金が

保険料払込累計に対して

非常に少額しかありません。

 

死亡保障も入院日額の100倍です。

途中で死亡すれば大損する可能性が

高くなっています。

 

途中で解約したり

死亡しないことを前提に

加入するという考えが必要です。

 

リターンボーナスつき終身医療保険の活用例

この保険の活用方法として

医療保障としての活用よりも

貯蓄と割り切るのがいいでしょう。

 

例えばですが

20年払いも可能ですので、

将来に向けて必要な資金を

この保険で貯めておき、

払込終了後にはおまけとして

医療保障を残すという方法で、

被保険者を子どもにし、

教育資金の貯蓄に活用することも

できるかと思います。

 

この場合は支払った保険料を

万一の場合無駄にしないように

死亡保障に別途加入することを

おすすめします。

 

今回のメットライフ生命

「リターンボーナスつき

終身医療保険」については、

保険料や活用方法などを

プロに相談することを

おすすめします。

見直し相談先のおすすめは

こちらです。

是非いろんな活用方法などを

提案してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。