メディケア生命 メディフィットリターン 2018年度版

tokusyu

主契約部分の評価

rankb

特約部分の評価

rankb

※RANKはS~Dまで評価

 

メディケア生命の終身医療保険

今回はメディケア生命の終身医療保険、

メディフィットリターンについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

メディフィットリターンの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型のみ保険料払込期間も終身払いしか選択できない

がん(上皮内がん含む)・急性心筋梗塞脳卒中での三大疾病入院は無制限

がん(上皮内がん含む)、心疾患脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患での入院は60日延長される

60日延長の七大疾病の対象が糖尿病以外は病気が限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

手術給付金は入院中の手術で手術の種類によって入院日額の10倍・20倍・40倍が給付される

 

放射線治療給付金は入院日額の10倍給付される

 

骨髄移植給付金は入院日額の10倍が給付される

 

主契約部分に関しては60歳65歳70歳75歳80歳のどこかで支払った保険料累計から給付分が引かれ健康還付金として受け取れる

健康還付金は100%か105%かを契約時に選択できる(選択により健康還付金支払年齢も変わる)

 

主契約部分に関しては解約返戻金があります

 
 

このように、主契約に関しては

物足りない部分もあります。

 

この保険の主契約での

最大の特徴は

使わなかった保険料が戻る

という点です。

 

健康還付給付割合100%の場合

35歳までに契約すれば

健康還付金の受け取り年齢を

60歳か65歳か70歳か選べ、

35歳~40歳までの契約で65歳か70歳、

41歳~45歳までの契約で70歳、

46歳~50歳までの契約で75歳

51歳~55歳までの契約で80歳

での受け取りとなります。

 

健康還付給付割合105%の場合

35歳までに契約すれば

健康還付金の受け取り年齢を

65歳か70歳か選べ、

35歳~40歳までの契約で70歳、

41歳~45歳までの契約で75歳、

46歳~50歳までの契約で80歳

での受け取りとなります。

 

還付金の対象となるのは

主契約のみとなります。

三大疾病無制限や

七大生活習慣病入院延長は

主契約に入っていますので

還付の対象となります。

 

特約部分の保険料は

還付されません。

 

逆に特約を使っても

還付金から引かれません。

 

主契約部分で残念な点

まず残念なのは

60日型しか選択肢がない

という点です。

 

メディフィットAでは

120日型を選べましたので、

せめて120日型までは

選べればと思います。

 

保険料も終身払いのみ

ですので、

還付金を受け取った後は

契約を続けるためには

そのまま保険料を

払い続ける必要があります。

 

通常の医療保険よりは

割高になりますので、

長く払うことを考えると、

若い時期に短期払いで

他の医療保険に入る方が

良いケースも考えられます。

 

三大疾病無制限入院は

上皮内がんを含むがんは

いいのですが、他は

急性心筋梗塞脳卒中

疾病が限定されています。

 

七大疾病の延長入院は

上皮内がんを含むがん、

脳血管疾患心疾患に加え

高血圧性疾患、糖尿病、

肝疾患、腎疾患になっており

疾病の範囲が広いです。

 

ここは統一した方が

わかりやすかったですね。

 

この三大疾病無制限や

七大疾病延長入院なのですが、

主契約に組み込まれています。

 

一見、良い様に思えますが

主契約ということは、

もしも三大疾病の入院で

無制限対象となるような

長期入院をした場合には、

全てが健康還付金から

引かれてしまいます。

 

これらが特約であれば

61日以降の入院に関しては

健康還付金から引かれません。

 

気をつけておきましょう。

 

最後にとても残念なことがあります。

 

入院について

1入院の考え方なのですが、

例えば60日型で下図のような

パターンがあるとします。

 

itinyuuin

 

①の例では最初の入院30日分と

2回目の入院30日分

併せて60日分しか給付金が出ません。

 

問題は次の②になります。

②では病気が違うので全日数が

給付対象になる保険会社が多い中、

メディケア生命は別の疾病でも

1入院とカウントされます!!!

疾病か傷害かの区別のみなので

ひとくくりで疾病となります。

この例ですと後半の20日分は

受け取れません。

これはプロの間でも

評判はかなり悪いです。

 

特にこのメディフィットリターンを

健康還付金受け取り以降も

継続する場合は間違いなく老後です。

老後に病気を併発する可能性は

高くなりますが、

その保険が必要な時期に

使えない可能性が出てくるからです。

 

③は退院後

180日以上経過していますので、

給付対象になります。

 

無制限型対象の疾病であれば

全て給付対象となりますが、

ここはよく知っておく必要があります。

 

メディフィットリターンの特約部分

この医療保険の特約は

種類も豊富なのですが、

内容については

少し物足りない部分もあります。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで

先進医療支援給付金は先進医療給付金とは別に1回5万円が給付される

 

入院一時金給付特約は1回の入院で最大10万円の一時金が給付される

 

退院後の通院を保障する通院特約が付加可能

通院特約には通院開始時に5000円の通院治療一時金給付がある

通院特約はがんによる退院後の通院に限り支払日数が無制限になる

 

七大生活習慣病入院特約を付加すると七大疾病での入院日額が上乗せされる

七大生活習慣病入院特約は入院日額と同額以下でかつ7000円以上は付加できない

七大生活習慣病入院特約は120日型である

がん(上皮内がん含む)・脳卒中・急性心筋梗塞による入院日数は無制限となる

 

女性疾病入院特約・女性医療特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)と女性に多い病気も対象

女性疾病入院特約・女性医療特約の入院日額については60日型で主契約と同額以下でかつ7000円以上は付加できない

女性疾病入院特約・女性医療特約のがんによる入院日数は無制限となる

女性医療特約は女性特定の手術(乳房切除術・子宮摘出術・卵巣摘出術)で入院日額の30倍が給付される

女性医療特約は乳房再建術で入院日額の100倍が給付され

女性疾病入院特約と女性医療特約の同時付加はできない

 

七大生活習慣病入院特約と女性医療・女性疾病入院及び主契約との合計入院日額は15000円までである

 

がん診断特約のがん(上皮内がん含む)診断一時金は初回診断時・2回目以降は入院時に給付

がん(上皮内がん含む)診断一時金は診断確定から2年に1回復活し何度でも受け取れる

 

三大疾病保障特約はがん(上皮内がん含む)・脳卒中・急性心筋梗塞が給付範囲となる

三大疾病保障特約はがん(上皮内がん含む)については診断時に給付される

三大疾病保障特約の脳卒中・急性心筋梗塞については手術を受けたとき所定の状態で給付される

三大疾病保障特約の一時金は1回のみの給付となる(どれか一つでも受け取れば消滅

 

がん(上皮内がん含む)診断一時金は三大疾病一時金と合計で100万円まで付加できる

 

抗がん剤治療給付特約は終身保障ホルモン療法等は給付対象外になる

抗がん剤治療特約は抗がん剤治療を受けた場合に毎月1万円から15万円を回数制限なく給付金を受け取れる

 

このように特約に関しては

種類は多いのですが

制限があるものも多いです。

 

特約部分で優れている点

七大生活習慣病入院特約は

七大疾病での入院日額を

上乗せできますので、

特に生活習慣病の入院

カバーしたい場合などには

かなり有効です。

がん保障を厚くするという

使い方もできますね。

 

 

抗がん剤治療給付特約は

10年などの更新型になっている

保険会社が多いのですが、

終身型なので保険料が上がりません。

支払期間の制限がないのも

ありがたい部分です。

 

特約部分で残念な点

三大疾病保障特約の一時金

1回限りの給付というのは残念です。

しかも三大疾病の範囲も

がん(上皮内がんを含む)はいいですが、

脳卒中・急性心筋梗塞

疾病が限定されています。

 

給付対象もそれぞれではなく、

どれかで1回受け取れば

それで保障も終わります。

 

しかも別の特約である

がん診断特約の一時金と

合わせて100万円までしか

付加できません。

がん診断一時金も

復活するのは2年に1回

1年に1回ではありません。

 

この三大疾病の範囲と

給付額の少なさ、

支払回数については

弱いといわざるを得ません。

プロの間でも

評判は良くありません。

 

せっかく抗がん剤特約は

ホルモン剤が対象外とはいえ

条件も優れているのに、

この一時金についても

もっと力を入れて欲しかったです。

 

 

七大生活習慣病特約は

優れた内容なのですが、

主契約、女性疾病と合わせて

合計入院日額15000円

というのが残念なところです。

合計20000円は欲しいです。

 

メディフィットリターンの活用方法

メディフィットリターンの

最大の特徴は

健康還付金です。

 

主契約のみに加入して

還付金を受け取る年齢で

保険を解約すれば、

保険を使っていなければ

保険料は全額戻ります。

 

だからといって、

それだけで加入すると

保険としては弱いものになります。

 

いくつかこの保険を

どのように活用する方法があるか

紹介したいと思います。

 

還付と同時に解約を前提に特約を目当てに加入

あくまで働き盛りの保障として

還付金を受け取るまでの間に

保障を厚くする目的で加入します。

 

主契約の保険料は払いたくないが、

特約部分は還付されませんが

がんや特定疾病を一時金で

カバーしたい場合などに有効です。

 

還付金を受け取ったら

解約することを前提として

加入しておきます。

 

もちろん絶対に解約しなくても

不安であれば

そのまま継続すればいいだけです。

 

還付と同時に入院日額を減らす

還付金を受け取るまでは

大きな保障を得る為に

例えば入院日額を1万円に

しておきます。

 

還付金を受け取ったら

1万円だった入院日額を

例えば5千円に減額します。

 

これで働き盛りの間は

保障も大きく安心ですし、

保険を使わなくても

戻る額も大きくなります。

 

前述しましたように、

必要に応じて特約も付加しておき、

還付金を受け取ったら

特約も外すことが可能です。

 

入院日額の上乗せとして活用

メインの医療保険は

他に加入しておき、

入院日額と

手術の上乗せとして

この保険を活用します。

 

働き盛りの時期に

保障を上乗せする目的ですので

健康還付金を受け取ったら

解約することを前提に加入します。

 

 

今回のメディケア生命

「メディフィットリターン」については

パンフレットを読んでいても

気づかないことが多いと思います。

あなたに必要な部分が何かを

しっかり確認してください。

 

保険料などを

プロに比較してもらう場合の

見直し相談先の

おすすめはこちらです。

他の医療保険もあわせて

比較してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。