メディケア生命 メディフィットA 2018年度版

主契約部分の評価

ranka

特約部分の評価

rankb

※RANKはS~Dまで評価

 

メディケア生命の終身医療保険

今回はメディケア生命の終身医療保険、

メディフィットAについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

メディフィットAの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型、120日型から選択できる

がん(上皮内がん含む)・急性心筋梗塞脳卒中での三大疾病入院無制限型を選択できる

三大疾病無制限型を選択すると高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患での入院が60日延長される

がん(上皮内がん含む)、心疾患脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患での七大疾病入院無制限型を選択できる

七大疾病無制限の対象が糖尿病以外は病気が限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

手術給付金はⅠ型とⅡ型があり加入時に選択できる

手術給付金Ⅰ型は入院中の手術で入院日額の10倍給付される

手術給付金Ⅱ型は入院中の手術で手術の種類によって入院日額の10倍・20倍・40倍が給付される

 

放射線治療給付金は入院日額の10倍給付される

 

骨髄移植給付金は入院日額の10倍が給付される

 
 

このように、主契約に関しては

入院、手術がメインではあるものの

充実しています。

 

入院中の手術給付金を

入院日額の10倍のⅠ型、

10倍~40倍のⅡ型を

選べるなど、

選択の幅が広いのは

ありがたいです。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を検討している場合は、

選択肢としてありです。

 

1入院の選び方ですが、

おすすめは120日型です。

七大疾病無制限などを付加しても、

それ以外の病気で

長期入院の可能性は

ないとは言えないからです。

 

三大疾病無制限型や

七大疾病無制限型では

全てのがんも入院無制限になります。

 

その部分だけを考えると、

がん保険と同じです。

つまり特約で

がん診断一時金を付加すれば、

医療保障付きがん保険

というようなことが

可能になります。

 

三大疾病や七大疾病無制限は

いざというときに使うという

保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

特に七大疾病無制限型を

選ぶ方がいいでしょう。

 

主契約部分で残念な点

無制限型があったり、

手術給付金を選択できたり、

パンフレットを見れば

良いように見えても

残念な点はあります。

 

特に三大疾病無制限入院は

「なぜそうなった?」と

思ってしまいます。

 

三大疾病というのが

上皮内がんを含むがんは

いいのですが、他は

急性心筋梗塞脳卒中

疾病が限定されています。

 

 

それに比べると

七大疾病無制限型は

上皮内がんを含むがん、

脳血管疾患心疾患に加え

高血圧性疾患、糖尿病、

肝疾患、腎疾患になっており

疾病の範囲が広いです。

 

ここは統一した方が

わかりやすかったですね。

 

 

他には手術Ⅱ型です。

三大疾病による

開頭・開胸・開腹手術

入院日額の40倍給付されますが、

それ以外の手術では

開頭・開胸・開腹手術でも

帝王切開でも

腹腔鏡・胸腔鏡・縦隔鏡

用いた手術でも入院日額の20倍

その他の入院中の手術が

10倍となっています。

 

そうすると、入院中の手術の多くは

10倍に該当するでしょうし、

40倍は三大疾病によるものと

限定されてしまってますから、

入院中の手術は一律20倍の方が

多く受け取れる可能性が高くなると

考えられます。

 

わかりやすさを考えても

そちらの方が良かったのではと

思ってしまいます。

 

 

最後にとても残念なことがあります。

この保険では必ず120日型を

選んだ方が良い理由でもあります。

 

入院について

1入院の考え方なのですが、

例えば60日型で下図のような

パターンがあるとします。

 

itinyuuin

 

①の例では最初の入院30日分と

2回目の入院30日分

併せて60日分しか給付金が出ません。

120日型なら全て給付対象です。

 

問題は次の②になります。

②では病気が違うので全日数が

給付対象になる保険会社が多い中、

メディケア生命は別の疾病でも

1入院とカウントされます!!!

疾病か傷害かの区別のみなので

ひとくくりで疾病となります。

この例ですと後半の20日分は

受け取れません。

これはプロの間でも

評判はかなり悪いです。

なぜなら、

老後に病気を併発する可能性は

高くなりますが、

その保険が必要な時期に

使えない可能性が出てくるからです。

 

③は退院後

180日以上経過していますので、

給付対象になります。

 

無制限型対象の疾病であれば

全て給付対象となりますが、

ここはよく知っておく必要があります。

 

メディフィットAの特約部分

この医療保険の特約は

種類も豊富なのですが、

内容については

少し物足りない部分もあります。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで

先進医療支援給付金は先進医療給付金とは別に1回5万円が給付される

 

入院一時金給付特約は1回の入院で最大10万円の一時金が給付される

 

退院後の通院を保障する通院特約が付加可能

通院特約には通院開始時に5000円の通院治療一時金給付がある

通院特約はがんによる退院後の通院に限り支払日数が無制限になる

 

七大生活習慣病入院特約を付加すると七大疾病での入院日額が上乗せされる

七大生活習慣病入院特約は入院日額と同額以下でかつ7000円以上は付加できない

七大生活習慣病入院特約には60日型・120日型・180日型がある

三大疾病入院無制限特則を付加している場合は三大疾病による入院日数は無制限となる

七大疾病入院無制限特則を付加している場合は七大疾病による入院日数は無制限となる

 

女性疾病入院特約・女性医療特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)と女性に多い病気も対象

女性疾病入院特約・女性医療特約の入院日額と1入院については主契約と同額以下でかつ7000円以上は付加できない

女性疾病入院特約・女性医療特約のがんによる入院日数は無制限となる

女性医療特約は女性特定の手術(乳房切除術・子宮摘出術・卵巣摘出術)で入院日額の30倍が給付される

女性医療特約は乳房再建術で入院日額の100倍が給付され

女性疾病入院特約と女性医療特約の同時付加はできない

 

七大生活習慣病入院特約と女性医療・女性疾病入院及び主契約との合計入院日額は15000円までである

 

がん診断特約のがん(上皮内がん含む)診断一時金は初回診断時・2回目以降は入院時に給付

がん(上皮内がん含む)診断一時金は診断確定から2年に1回復活し何度でも受け取れる

 

三大疾病保障特約はがん(上皮内がん含む)・脳卒中・急性心筋梗塞が給付範囲となる

三大疾病保障特約はがん(上皮内がん含む)については診断時に給付される

三大疾病保障特約の脳卒中・急性心筋梗塞については手術を受けたとき所定の状態で給付される

三大疾病保障特約の一時金は1回のみの給付となる(どれか一つでも受け取れば消滅

 

がん(上皮内がん含む)診断一時金は三大疾病一時金と合計で100万円まで付加できる

 

抗がん剤治療給付特約は終身保障ホルモン療法等は給付対象外になる

抗がん剤治療特約は抗がん剤治療を受けた場合に毎月1万円から15万円を回数制限なく給付金を受け取れる

 

保険料払込免除特約の条件はがん(上皮内がん含む)と診断又は脳卒中・急性心筋梗塞で手術を受けたときか所定の状態

 

終身保険特約は入院の500倍以内かつ上限300万円まで付加できる

 

介護保障付終身特約は終身保険特約の条件に加え要介護2以上でも給付される

 

終身保険特約と介護保障付終身特約は合計で入院の500倍以内かつ上限300万円まで付加できる

 

このように特約に関しては

種類は多いのですが

制限があるものも多いです。

 

特約部分で優れている点

七大生活習慣病入院特約は

七大疾病での入院日額を

上乗せできますので、

特に生活習慣病の入院

カバーしたい場合などには

かなり有効です。

がん保障を厚くするという

使い方もできますね。

 

 

抗がん剤治療給付特約は

10年などの更新型になっている

保険会社が多いのですが、

終身型なので保険料が上がりません。

支払期間の制限がないのも

ありがたい部分です。

 

 

保険料払込免除特約の条件

悪性がんと診断された時という

保険会社が多い中、

上皮内がんも対象です。

がんについては

かなり緩い条件です。

これについては

プロの間でも

評判のいい部分です。

 

払込免除の条件が

脳卒中・急性心筋梗塞は

60日以上の後遺症だったり

60日以上の労働制限だったり

するところも多いのですが、

手術を受けたときも対象となりますので

少し幅が広くなっています。

 

 

特約部分で残念な点

三大疾病保障特約の一時金

1回限りの給付というのは残念です。

しかも三大疾病の範囲も

がん(上皮内がんを含む)はいいですが、

脳卒中・急性心筋梗塞

疾病が限定されています。

 

給付対象もそれぞれではなく、

どれかで1回受け取れば

それで保障も終わります。

 

しかも別の特約である

がん診断特約の一時金と

合わせて100万円までしか

付加できません。

がん診断一時金も

復活するのは2年に1回

1年に1回ではありません。

 

この三大疾病の範囲と

給付額の少なさ、

支払回数については

弱いといわざるを得ません。

プロの間でも

評判は良くありません。

 

せっかく抗がん剤特約は

ホルモン剤が対象外とはいえ

条件も優れているのに、

この一時金についても

もっと力を入れて欲しかったです。

 

 

七大生活習慣病特約は

優れた内容なのですが、

主契約、女性疾病と合わせて

合計入院日額15000円

いうのが残念なところです。

合計20000円は欲しいです。

 

 

最後は介護保障です。

要介護2以上での給付条件ですが、

要介護1以上であれば

更に良かったのになと思います。

 

 

今回のメディケア生命

「メディフィットA」については

パンフレットを読んでいても

気づかないことが多いと思います。

あなたに必要な部分が何かを

しっかり確認してください。

 

保険料などを

プロに比較してもらう場合の

見直し相談先の

おすすめはこちらです。

他の医療保険もあわせて

比較してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。