マニュライフ生命 こだわり医療保険 with PRIDE 2018年度版

主契約部分の評価

ranks

特約部分の評価

rankc

※RANKはS~Dまで評価

 

マニュライフ生命の終身医療保険

今回はマニュライフ生命の終身医療保険、

こだわり医療保険について

しっかりと解説していこうと思います。

 

正式名称は

こだわり医療保険 with PRIDE

です。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

この保険は被保険者が

過去1年以内に喫煙がないと

非喫煙者保険料率が適応され

保険料が安くなります。

 

これを適応した場合と

しない場合とでは

どれくらいの保険料になるか

比較してもらいましょう。

 

こだわり医療保険 with PRIDEの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は30日型か60日型か120日型から選択できる

がん(上皮内がん含む)、心疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患での七大疾病入院無制限型を選択できる

無制限の対象が糖尿病以外は病気が限定されておらず範囲が広い

 

所定のメンタル疾患で入院した場合、支払限度日数が365日に延長されるメンタル疾患入院支払日数延長を選択できる

 

手術給付金は外来で入院日額の10倍給付される

手術給付金は入院中で入院日額の20倍給付される

 

放射線治療及び骨髄移植・骨髄ドナー給付金は入院日額の20倍給付される

 

集中治療室(ICU)給付金は入院日額の20倍給付される

 
 

このように、主契約に関しては

かなり充実しており、

プロの間での評判もいいです。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を 検討している場合は、

選択肢としてありです。

 

1入院の選び方ですが、

おすすめは120日型です。

 

七大疾病無制限などを付加しても、

それ以外の病気で長期入院の可能性は

ないとは言えないからです。

 

七大疾病無制限は

いざというときに使うという

保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

 

手術給付金が

外来で入院日額の10倍です。

外来の場合は5倍の

保険会社が殆どですので、

他社との比較の際には

参考にしましょう。

 

 

メンタル疾患の延長特約は

入院日数が365日に延長されます。

入院が長引く傾向がありますので、

この疾患をカバーしたい場合は

付加しておくと良いと思います。

 

※所定のメンタル疾患とは以下のとおりです。

統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
 
気分・感情障害

神経症障害、ストレス関連障害および身体表現性障害

摂食障害

 

主契約部分で残念な点

細かいところですが残念な点が一つあります。

七大疾病延長入院特約です。

これを付加しなければ無制限はなくなります。

無制限なしか、七疾病無制限か、二択なんです。

 

七疾病も無制限の保障はいらないので、

三大疾病(がん、脳血管疾患、心疾患)だけ

無制限保障があればいい。

そういう方もいると思います。

 

これも選択できるようになっていれば

なお良かったのにと思います。

 

もちろん、保障という意味では疾病範囲が広く

内容に申し分はありません。

 

こだわり医療保険 with PRIDEの特約部分

この医療保険の特約は

選択肢も豊富です。

 

「在宅医療特約」があるのは

珍しいです。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円までで10年更新となる

先進医療見舞給付金は先進医療給付金とは別に1回5万円が給付される

 

七大生活習慣病入院特約は七大疾病での入院日額が上乗せされる

七大生活習慣病入院特約は七大疾病無制限を選択していると無制限に保障される

 

継続年金付き三大疾病保障特約の対象はがん(上皮内がん含む)・脳卒中・急性心筋梗塞

三大疾病保険金(一時金)は入院日額に関係なく200万円まで付加できる

三大疾病保険金の給付条件は悪性新生物と診断されるか・脳卒中・急性心筋梗塞で20日以上入院するか手術を受けたとき

上皮内新生物診断一時金は三大疾病保険金の50%の給付となる

一時金は三大疾病保険金・上皮内新生物診断保険金でそれぞれ1回限りである

三大疾病継続年金は三大疾病保険金支払事由該当日から1年ごとに三大疾病保険金の25%が4回受け取れる

 

女性疾病入院特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)と女性に多い病気も対象

女性疾病入院特約は1入院の型は主契約と同様となり入院日額が上乗せされる

 

特定在宅治療支援特約は10年更新型で毎月1回給付金が受け取れる(通算60回)

特定在宅治療支援特約の給付条件は自己注射療法・人工透析療法・酸素療法で医師の指導管理下であること

 

入院見舞い給付金特約は入院時に入院日額の5倍が給付される

 

退院後の通院を保障する通院特約が付加可能

通院特約は入院日額の6割まで付加可能でかつ上限は5000円まで

 

健康連動型生存給付特約は入院日額の5倍の生存給付金から対象期間中に支払われた主契約の給付金が引かれて受け取れる

 

保険料払込免除特約の条件は悪性新生物と診断又は脳卒中・急性心筋梗塞で20日以上入院するか手術を受けたとき

 

終身保険特約で死亡保障を付加できる

 
 

このように特約に関しては

数は少ないものの、

ある程度の重要部分は

カバーされています。

 

特約部分で優れている点

七大生活習慣病入院特約は

生活習慣病の入院を

特にカバーしたい人には

良い特約です。

 

七大疾病入院無制限を

選択していれば、

この特約も無制限に

保障されます。

プロの間でも

評判が良い部分です。

 

保険料払込免除特約の条件

脳卒中・急性心筋梗塞は

60日以上の後遺症だったり

60日以上の労働制限だったり

するところも多いのですが、

20日以上入院したときか

手術を受けたに対象となりますので

少し幅が広くなっています。

 

特約部分で残念な点

残念なのは三大疾病保障で

三大疾病の範囲が

「がん」に関してはいいのですが、

他の2疾病に関しては

「脳卒中」「急性心筋梗塞」

限定されてしまっているところです。

 

この場合、例えば狭心症で入院しても

給付の対象にはなりません。

 

一時金と年金で分けられてますが、

年金をなくして一時金だけで

全て受け取れるように

して欲しかったですね。

 

一時金の受け取り回数

三大疾病でまとめて1回だけ

というのも残念な部分です。

プロの間でもここは

あまり評判が良くありません。

 

 

特定在宅治療支援給付金ですが

10年更新なのが残念です。

保険料が上がってしまいます。

給付される状況も限られていますので

完全に在宅医療を

カバーできるわけではありません。

 

 

健康連動型生存給付特約ですが、

期間内に受けた主契約の

入院・手術などの給付金が

生存給付金から引かれます。

 

もし1度でも日帰り手術を受ければ

生存給付金より多いですから

それだけで受け取れません。

 

あまり付加するメリットを

感じられません。

 

 

今回のマニュライフ生命

「こだわり医療保険 with PRIDE」は

パンフレットだけだと不明な点もあります。

プロに相談して保険料と共に、

特約保険金の上限などを含めて

内容も細かく確かめておきましょう。

見直し相談先のおすすめはこちらです。

他の医療保険もあわせて比較してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。