ライフネット生命 新じぶんへの保険 2018年度版

主契約部分の評価

rankd

特約部分の評価

rankd

※RANKはS~Dまで評価

 

ライフネット生命の終身医療保険

今回はライフネット生命の

終身医療保険

新じぶんへの保険について

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

ライフネット生命 新じぶんへの保険の主契約部分

この医療保険の主契約は

入院と手術ですが、

外来手術は対象外です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型のみしか選択できない

日帰り入院から入院5日目まで一律5日分が保障される

悪性新生物心疾患脳血管疾患での三大疾病入院無制限型を選択できる

三大疾病無制限入院型を選ぶと自動的にがん治療給付特約と先進医療特約が付加される

 

手術給付金は外来手術では給付されない

入院中の手術給付金は入院日額の10倍給付される

 

放射線治療及び骨髄移植に関しては手術の対象には含まれない

 
 

このように、主契約に関しては

入院、手術がメインですが

他社と比較するとしっくりきません。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を検討している場合、

選択肢としてはおすすめしません。

 

プロの間での評判はあまりよくありません。

 

主契約部分で残念な点

まずは入院限度が

60日型のみしかない点です。

これより少ないものも選べなければ、

多いものもありません。

 

三大疾病無制限型を

選択するべきですが、

そうすると同時に

がん特約と先進医療特約が

付加されます。

 

手術給付金においては

外来手術が対象外です。

 

入院中の手術であっても

入院日額の10倍の給付です。

20倍ではありません。

 

更に殆どの保険会社では

放射線治療でも給付されますが

手術給付金の対象外です。

 

 

もう一つ

とても残念なことがあります。

 

入院についての

1入院の考え方なのですが、

例えば下図のような

パターンがあるとします。

 

itinyuuin

 

①の例では最初の入院30日分と

2回目の入院30日分

併せて60日分しか給付金が出ません。

 

問題は次の②になります。

②では病気が違うので全日数が

給付対象になる保険会社が多い中、

ライフネット生命の

新じぶんへの保険では

別の疾病でも別の傷害であっても

1入院とカウントされます!!!

疾病か傷害かの区別もなく

ひとくくりで疾病となります。

 

この例ですと

2回目の入院の

後半の20日分は受け取れません。

にもかかわらず

60日型しかありません。

これはプロの間でも

評判はかなり悪いです。

なぜなら、

老後に病気を併発する可能性は

高くなりますが、

その保険が必要な時期に

使えない可能性が出てくるからです。

 

③は退院後

180日以上経過していますので、

給付対象になります。

 

無制限型対象の疾病であれば

全て給付対象となりますが、

ここはよく知っておく必要があります。

 

 

こういう様々なところで

給付条件を抑えて

見せ掛けの保険料の安さ

実現している点は

好ましくありません。

 

ライフネット生命 新じぶんへの保険の特約部分

この医療保険の特約は

あまりにも少なすぎます。

プロの間でも評判が良いとは言えません。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで

 

女性入院給付金特約は入院日額と同額が上乗せされる

女性入院給付特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)も対象

 

悪性新生物と診断されると一時金を受け取れるがん治療給付金特約を付加可能

がん診断一時金は入院日額の100倍が付加される

がん診断一時金は上皮内がんは対象外となる

がん診断一時金は1年に1回を限度に2回目以降は治療を受けたときに給付される

支払限度は保険期間で5回である

 

このように特約に関しては

種類も少ないのですが

あまり魅力も感じません。

 

特約部分で残念な点

一時金が受け取れる

がん治療給付金。

残念なことに、上皮内新生物は

対象外となります。

 

給付金額も入院日額の100倍と

制限されていますので、

入院日額5000円の場合には

50万円しか付加できません。

 

せめて200倍は欲しいところですし、

入院日額に関係なく

200万円まで付加できる

保険会社もありますからね。

 

ライフネット生命 新じぶんへの保険はおすすめできません

今回のライフネット生命

新じぶんへの保険ですが

正直なところ

「入らない方がいい」と

アドバイスしたいと思います。

 

ライフネット生命は安くない

雑誌やWEBでも

ネット専業保険会社だから

保険料が安いと

宣伝されていますが、

ネット専業以外の保険会社で

この新じぶんへの保険より

内容も充実している

他社商品の方が安いです。

 

このページでも解説しましたが、

給付されるべき条件を削り

保険金給付を抑えて

保険料を無理やり下げている、

そんな印象が否めません。

 

プロの間での常識では

これは給付されるだろうという

そういう内容で給付されません。

 

決して特別安くもないのに

まるで保険料が安くて

他社より内容が優れてるような

そんな印象を与える広告には

疑問を持たざるを得ません。

 

特約の選択肢がない

新じぶんへの保険ですが、

便宜上こちらのページでは

「主契約」「特約」に分けて

ご説明しました。

 

しかし実際には、この保険は

「エコノミーコース」と

「おすすめコース」の2種類しか

選ぶことができません。

 

「エコノミーコース」にすると

最近の医療保険では

付加できるのが常識である

先進医療特約が付加されません。

 

三大疾病無制限入院と

先進医療特約だけを

付加したいと思っても、

それらが付加されるのは

「おすすめコース」であり、

そうすると自動的に、

がん治療給付金も

セットされてしまいます。

 

この二つしか選択肢が

ないということであれば、

おすすめコースを選ぶしか

選択肢はないと

言っているようなものです。

 

結局こういうところでも、

本当に顧客のことを考えて

保険商品の開発をしてるのかと

疑問に思ってしまいます。

 

 

今回のライフネット生命

「新じぶんへの保険」に関しては、

おすすめできません。

他の医療保険と必ず比較しましょう。

保険料などをプロに比較してもらう場合の

見直し相談先のおすすめはこちらです。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。