医療保険の特約 三大疾病一時金

医療保険の特約の中には

三大疾病入院無制限のほか、

三大疾病を一時金で

カバーできる特約があります。

 

ではこの三大疾病。

どの保険会社でも保障の対象は

同じなのでしょうか。

 

給付されるための条件は?

 

付加できる給付金額は?

 

実は統一されていないんですね。

 

特約の名前は同じだったり、

似ていたりするのですが、

よく確かめないと大変です。

 

ここでは重要な特約である

三大疾病一時金について

徹底解説したいと思います。

三大疾病とは?

三大疾病は保険会社によって

対象となる疾病が異なります。

次のように分類されます。

 
三大疾病の分類

がん・脳卒中・急性心筋梗塞

 

がん(上皮内がん含む)・脳卒中・急性心筋梗塞

 

がん(上皮内がん含む)・脳血管疾患・心疾患

 

三大疾病無制限入院の対象が

広範囲のものであっても、

一時金の対象はそうでなかったりもします。

よく確認しておきましょう。

 

疾病対象の範囲を比べると

随分と異なっていますね。

 

脳血管疾患

脳卒中と脳血管疾患では

どれくらい違うかです。

下図のような疾病例があります。

このように、脳卒中以外にも

様々な疾患がありますね。

 

心疾患

急性心筋梗塞と心疾患では

どれくらい違うかです。

急性心筋梗塞以外で下図の例のように

非常に多くの疾患があります。

急性心筋梗塞は心疾患全体の

数パーセントでしかありません。

疾病範囲は重要

同じ三大疾病でも、

疾病の範囲というのが

とても重要というのが

わかりますよね。

 

例えば

心不全や弁膜症のように

急性心筋梗塞以外の

重い心臓病になったとき、

保険金が給付されると

助かりますね。

 

そもそも掛け捨ての保険なら、

給付範囲は広い方が良いですね。

 

三大疾病の保障は重要?

なぜ三大疾病の特約が

多くの医療保険にあるのでしょう。

 

単純に考えると、

必要性が高いからですね。

 

では実際の入院状況は

どうなのでしょうか。

 

<厚生労働省「患者調査」/平成26年より>

nyuuinjuryouritu

juryougraph

このように、入院受領率が

とても高くなっています。

 

しかも費用もかかります。

治療費だけでなく、

その後の生活への影響や

仕事への影響もあります。

 

入院に関しては

短期化してきてますので、

より一時金が重要になります。

(下図はクリックで拡大します)

nyuuinnissuu

 

医療保険で入院日額を

大きくするのであれば、

同じ保険料に抑えたい場合は

入院日額を減らし、

三大疾病一時金の特約を

付加する方法も

設計してもらってください。

soudansaki

 

三大疾病一時金の給付条件

一時金を受け取るためには

商品ごとに条件があります。

 

この給付条件についても

とても重要な部分です。

 

当然ですが、保険金を

受け取りやすい方がいいですね。

 

給付条件

給付条件は次のように分類されます。

 

がん(上皮内新生物)の場合

 

がん一時金特約でも、

同じ条件になっています。

 

上皮内新生物については、

給付割合が低くなっている

商品もあります。

 
 

がんと診断されたとき

 

がんで治療のため入院したとき

 

がんで治療を受けたとき

 

脳血管疾患(脳卒中)

心疾患(急性心筋梗塞)

の場合

 
 

治療のために入院したとき

 

20日以上の入院をしたとき

 

所定の手術を受けたとき

 

60日以上の所定の労働制限または後遺症が継続したと診断されたとき

 

複数回払い

給付を受けた場合に

二度目の給付条件は

どのようになっているかです。

 

三大疾病をまとめるかどうか

 

ますは三大疾病について

まとめて考えられるのか、

それぞれ別々に

考えられるのかです。

 

例えば1年に1度復活する

給付条件の場合です。

 

 
三大疾病の扱い例

がんになって、1年以内に急性心筋梗塞になった場合。

 

三大疾病をひとまとめにしている場合は急性心筋梗塞での給付はありません。

 

三大疾病をそれぞれ別々にしている場合には急性心筋梗塞で給付されます。

 

複数回払いの条件

 

2回目に受け取るための条件です。

1回限りの商品もあります。

 
複数回払いの条件

1回限りで給付は終了(2度目はない)

 

1年に1度

 

2年に1度

 

なお、給付条件については

初回と2度目以降では

違っている場合もあります。

しっかり確認しましょう。

 

三大疾病一時金の保険金額

どれだけ給付の条件が良くても

付加できる保険金額が

多いか少ないかは重要です。

 

これに関しては様々です。

入院日額の100倍だったり、

入院日額の200倍だったり。

入院日額に関係なく50万円と

いう場合もあります。

 

プロに保険相談をする際には

必ずこの条件も

確認しておきましょう。

入院日額が少なくても、

特約を多く付加できるなら

その方が良い場合もあります。

 

このように三大疾病一時金特約は

様々な条件がありますので、

複数の医療保険を比較して、

条件をしっかりと確認しましょう。

soudansaki

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。