損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 新健康のお守り 2018年度版

主契約部分の評価

ranka

特約部分の評価

ranka

※RANKはS~Dまで評価

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の終身医療保険

今回は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の終身医療保険、

新健康のお守りについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

※ 定期タイプの医療保険もありますので

  一定期間の保障が必要な場合は

  担当者に相談してみてください。

 

新健康のお守りの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術、および骨髄ドナー給付金です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は40日型、60日型、120日型から選択できる

がん(上皮内がん含む)・脳卒中急性心筋梗塞での入院無制限型を選択できる

無制限の対象は病気が限定されており範囲がやや狭い

 

七大生活習慣病での入院を60日延長する保障する特則を選択できる

七大生活習慣病はがん(上皮内がん含む)・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・腎疾患・肝疾患

延長となる対象の疾病が糖尿病以外は限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金はⅠ型とⅡ型があり共に外来では入院日額の5倍給付される

手術給付金はⅠ型では入院中の手術の場合入院日額の10倍~40倍が給付される

手術給付金はⅡ型では入院中の手術も入院日額の5倍給付される

 

骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の採取術を受けた場合は1度だけ入院日額の20倍が給付される(手術Ⅱ型は5倍)

 
 

このように、主契約に関しては

かなり充実しています。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を 検討している場合は、

選択肢としてありです。

 

1入院の選び方ですが、

おすすめは120日型です。

 

三大疾病無制限などを付加しても、

それ以外の病気で長期入院の可能性は

ないとは言えないからです。

 

面白いのが40日型というのがあるところです。

後述しますが、敢えてこの40日型を選んで

保険料を安く抑えつつ、

特約を充実させるということが可能です。

 

三大疾病入院無制限を付けた場合は

全てのがんも入院無制限になります。

 

その部分だけを考えると、

がん保険と同じです。

つまり特約でがん診断一時金を付加すれば、

医療保障付きがん保険というようなことが

可能になります。

 

三大疾病入院無制限は

いざというときに使うという保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

7大生活習慣病延長保障特則を付加すれば

他の生活習慣病4疾病も60日延長されますので

他社と比較する場合の参考にしましょう。

 

手術に関しては放射線治療も対象です。

保険会社によってはわざわざ分けて記載していたりしますが、

ちゃんと対象になります。

 

手術Ⅰ型を選んだ場合は

入院中の手術給付金は

10・20・40倍のどれかです。

手術内容によって変わります。

こちらも他社と比較するときには参考にしましょう。

保険料が安い代わりに、

外来でも入院中でも同じ手術給付金だったり、

入院中が5倍や10倍になっている保険会社もあります。

 

この保険でも手術Ⅱ型を選べば

保険料は安く抑えることができます。

 

主契約部分で残念な点

残念な点は二点あります。

 

一点目は入院の特則です。

三大疾病入院無制限を選択できますが、

疾病の範囲がガンはいいのですが

他が脳卒中急性心筋梗塞

疾病が限定されています。

 

脳血管疾患・心疾患を

対象としている

保険会社もありますので、

ここは残念です。

 

 

もう一点は手術Ⅰ型です。

開頭・開胸・開腹手術

入院日額の40倍給付されますが、

それ以外の手術では

腹腔鏡・胸腔鏡・縦隔鏡

用いた手術が入院日額の20倍

その他の入院中の手術が

10倍となっています。

 

そうすると、入院中の手術の多くは

10倍に該当するでしょうから、

入院中の手術は一律20倍の方が

多く受け取れる可能性が高くなると

考えられます。

 

わかりやすさを考えても

そちらの方が良かったのではと

思ってしまいます。

 

新健康のお守りの特約部分

この医療保険の特約は

かなり種類が多いです。

他社と比べると物足りないものもあれば

優れているものもあります。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで

先進医療に該当する手術を受けると10万円が給付される

 

入院一時金特約は1回の入院で最大20万円の一時金が給付される

 

退院後の通院を保障する通院特約が入院日額と同額で付加可能(がん外来治療給付特約と両方は付加できない)

 

がん(上皮内がん含む)診断一時金は初回診断時・2回目以降も診断時に給付

がん(上皮内がん含む)診断一時金は三大疾病入院一時金特約との合計が入院日額の200倍まで付加できる

がん(上皮内がん含む)診断一時金は診断確定から2年に1回復活し何度でも受け取れる

 

がん入院特約はがんによる入院保障を上乗せできる

 

がん外来治療給付特約は支払対象期間中は年間120日まで保障され往診も保障

 

三大疾病入院一時金特約の給付範囲はがん(上皮内がん含む)・脳卒中・急性心筋梗塞

三大疾病入院一時金はがん診断一時金特約との合計が入院日額の200倍まで付加できる

三大疾病入院一時金は入院開始時に給付される

三大疾病入院一時金は入院開始から2年に1回復活し何度でも保障される

 

保険料払込免除特約の条件は悪性新生物と診断又は脳卒中・急性心筋梗塞で手術を受けたときか所定の状態

 

介護一時金特約は要介護1以上か約款所定の要介護状態で保障される

介護一時金を受け取れるのは保険期間を通して1回のみ

介護一時金の支払事由に該当した場合は年金で受け取ることも可能

 

女性疾病特約は入院日額が上乗せされる

女性疾病給付特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)と女性に多い病気も対象

 

退院給付特約は20日以上の入院後や60日以上の入院後に入院日額の5倍や10倍が給付されます

 

解約返戻金のある終身死亡保障特約を100万円まで付加できる

 

このように特約に関しては

数はかなり多くなっています。

内容はまちまちです。

 

特約部分で優れている点

まずこの保険の特約で優れているのは

なんといっても介護一時金です。

これはプロの評判もかなり良いです。

 

要介護1という緩い条件で給付されます。

最大で500万円まで付加できます。

 

1回限りの受け取りですので

介護が心配な人は

最大の500万円まで

付加しておきましょう。

 

入院日額を3000円にし

一入院を40日型にして、

介護一時金を目一杯付加する

というのもありだと思います。

 

 

他にも入院一時金特約は

入院日額の40倍までで

最大20万円付加できます。

短い入院の後に

自宅療養などになるケースでは

この特約は有効です。

 

 

また、がん保障についても

がん入院特約がありますので、

女性でなくてもがん入院の

上乗せが可能です。

 

これとがん診断一時金と

がん外来治療給付特約を付加すれば

がん保険は完全に不要になりますね。

 

 

保険料払込免除特約の条件

脳卒中・急性心筋梗塞は

60日以上の後遺症だったり

60日以上の労働制限だったり

するところも多いのですが、

手術を受けたときも対象となりますので

少し幅が広くなっています。

 

特約部分で残念な点

特約の数が多い分、残念な点もあります。

 

まずは三大疾病入院一時金です。

三大疾病の範囲が

「がん」に関してはいいのですが、

他の2疾病に関しては

「脳卒中」「急性心筋梗塞」

限定されてしまっているところです。

 

この場合、例えば狭心症で入院しても

給付の対象にはなりません。

ここはあまり評判の良くないところです。

 

複数回払いも2年に1回ですので

1年に1回の方がいいですね。

これはがん一時金も同様です。

 

 

他には女性疾病入院特約についても

せっかく保障の範囲が広いのに

対象となるのが入院のみというのが

残念なところです。

手術も対象にして欲しかったですね。

 

 

今回の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

「新健康のお守り」の

保険料などをプロに比較してもらう場合の

見直し相談先のおすすめはこちらです。

要介護1で給付される介護保障について

是非設計してもらってください。

そのうえで他の医療保険もあわせて比較してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。