ひまわり生命 勇気のお守り 2018年度版

評価

rankb

※RANKはS~Dまで評価

 

ひまわり生命の終身がん保険

今回はひまわり生命の終身がん保険、

勇気のお守りについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらはがんの診断や

入院や手術などを保障する

がん保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

勇気のお守りの主契約部分

このがん保険の主契約は、

診断一時金、入院、手術、通院です。

 

他社のがん保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

がん(上皮内がん含む)診断給付金は初回診断時・2回目以降は新たにがんと診断時又はその後の入院時に受け取れる

がん(上皮内がん含む)診断給付金は入院日額の100倍となる

がん(上皮内がん含む)診断給付金は診断確定から2年に1回復活し何度でも受け取れる

 

がん入院給付金はがんによる入院は無制限に保障される

がん入院給付金は日額5000円~3万円が選択できる

 

がん手術給付金は手術の種類によって入院日額の10倍・20倍・40倍のどれかが受け取れる

がん手術給付金は放射線治療も対象となる

 

がん外来治療給付金は入院日額と同額の通院日額が設定される

がん外来治療給付金は1年間120日を限度に通算無制限で通院と診が保障される

 
 

このように、主契約に関しては

通院も含められています。

 

主契約部分で残念な点

がん診断給付金の復活が

2年に1度であるところは

残念です。

1年に1度復活するものが

最近はありますので。

 

また2度目の給付条件が

再発や転移による診断時

もしくは診断後の入院

なっています。

 

一見良さそうに思えますが、

初めてガンになってしまって

その後再発や転移ではなく

治療が続いていた場合には

対象となりません。

 

もし2度目の給付条件が

治療のための入院であれば

治療が長引いている場合に

給付の対象となるのですが。

 

ここは診断だけではなく

入院にも対応してほしかったです。

プロの間でも残念だという評判です。

 

勇気のお守りの特約部分

このがん保険の特約は

種類がとても少ないです。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

がん先進医療特約は技術料と同額で通算1000万円まで給付金を受け取れる

 

がん死亡特約はがんにより死亡するか余命6か月以内と判断されたときに給付金を受け取れる

がん死亡特約は50万円~主契約の入院日額の100倍の範囲で設定できる

 

新女性特定がん入院特約は女性特定のがんで入院したときに給付金が上乗せされる

新女性特定がん入院特約は1000円~主契約の入院日額の範囲で設定できる

 

このように特約に関しては

これといったものは見当たりません。

 

特約部分で残念な点

選べる特約の数が少ない

というのが残念なところです。

 

先進医療特約の給付上限も

2000万円ではなく1000万円です。

 

 

今回のひまわり生命

「勇気のお守り」は

他社の保険との比較を

おすすめします。

 

プロに比較してもらう場合の

見直し相談先の

おすすめはこちらです。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。