ジブラルタ生命 医療保険 2018年度版

主契約部分の評価

rankc

特約部分の評価

rankd

※RANKはS~Dまで評価

 

ジブラルタ生命の終身医療保険

今回はジブラルタ生命の

医療保険について

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

※ 定期タイプの医療保険もありますので

  一定期間の保障が必要な場合は

  担当者に相談してみてください。

 

ジブラルタ生命 医療保険の主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型のみである

1泊2日以上の入院から入院給付金は受け取れる

がん(上皮内がん含む)・脳血管疾患心疾患での入院無制限型を選択できる

無制限の対象が「がん」のほか「心疾患」「脳血管疾患」で疾病が限定されておらず範囲が広い

1泊2日以上の入院から入院10日目まで一律10日分が保障される

30日目までの入院日額を上乗せする入院初期加算型を選択できる

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

手術給付金は入院中の手術の場合入院日額の20倍が給付される

 

放射線治療給付金は入院日額の10倍給付される

 

骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の採取術を受けた場合は1度だけ入院日額の20倍が給付される

 
 

このように、主契約に関しては

入院、手術がメインですが

他社と比較するとしっくりきません。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を検討している場合、

選択肢としてはおすすめしません。

 

プロの間での評判はあまりよくありません。

 

三大疾病入院無制限を付けた場合は

全てのがんも入院無制限になります。

 

その部分だけを考えると、

がん保険と同じです。

つまり特約で

がん診断一時金を付加すれば、

医療保障付きがん保険

というようなことが可能になります。

 

三大疾病入院無制限は

いざというときに使うという

保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

主契約部分で残念な点

1入院ですが60日型のみ

というのはとても残念です。

 

三大疾病無制限型を

選択することができますが、

他の長期入院には対応できません。

せめて120日型は欲しいですね。

 

 

入院給付金に関しては

1泊2日以上でなければ

給付の対象となりません。

今はこういった保険会社を

見つける方が難しいです。

日帰りでの給付が常識です。

 

それに伴って、日帰り入院では

10日分の入院給付金を

受け取ることもできません。

 

 

入院から30日目までの

入院給付金上乗せが付加できますが、

敢えてこれでなくても、

他社の保険で30日型に入り

この保険よりも充実した特約を

そちらで付加する方が

有効だと考えられます。

 

 

ジブラルタ生命 医療保険の特約部分

この医療保険の特約は

種類が豊富ではありません。

他社と比べると

物足りない印象です。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円までで5年または10年更新である

 

特定損傷特約は不慮の事故による骨折・関節脱臼・腱の断裂で通算10回まで1回5万円か10万円の一時金が受け取れる

特定損傷特約の保険期間は最長60歳まで

 

5大生活習慣病特約はがん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患での入院日額と手術給付金が上乗せされる

 

がん診断一時金で悪性新生物の場合は初回診断時・2回目以降は1泊2日以上の入院時に給付

がん診断一時金で悪性新生物については診断確定から2年に1回復活し何度でも受け取れる

がん診断一時金で上皮内がんの場合は10%の給付でかつ1回限りとなる

 

女性疾病入院特約は入院日額が上乗せされる

女性疾病入院特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)も対象

 

疾病傷害による保険料払込免除特約の条件は三大疾病によるものなどではなく相当厳しい条件であり該当しにくい

 

このように特約に関しては

数も少ないうえに、

内容もいまいちです。

 

特約部分で優れている点

それほど優れていると

いうわけではありませんが、

特定損傷の特約があるのは

有り難いですね。

 

特約部分で残念な点

5大生活習慣病や

女性疾病入院特約は

条件が主契約と同じく

1泊2日以上の入院です。

やはり初日からで

あって欲しいですね。

 

 

がん診断一時金は

上皮内がんの場合には1度だけ

しかも10%の給付というのは

やはり残念です。

悪性がんにしても2回目以降は

2年に1回での受け取りで、

ここでも1泊2日以上の入院が

必要になってきます。

この特約に関してのプロの評判は

決して良くはありません。

 

 

その他三大疾病無制限入院や

5疾病の上乗せはあるものの、

三大疾病の一時金特約や、

それによる保険料払込免除などが

用意されていません。

 

こういったものを含めて、

特約として魅力のあるものが

付加できないというのは

とても残念です。

 

今回のジブラルタ生命医療保険は

残念ながら、

おすすめできない保険になります。

他の医療保険と比較したり、

提案をしてもらいましょう。

見直し相談先の

おすすめはこちらです。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。