がん保険の主契約は様々

一昔前のがん保険では

主契約がだいたい決まっており

診断一時金、入院、手術

のものが多かったのですが、

最近では様々です。

 

がん保険の選び方については

こちらの記事も参考になりますので

是非ご確認ください。

 

ここではがん保険において

どのような基準で選ぶのかや、

給付条件の重要性などを

詳しく解説したいと思います。

 

なおがん保険に関する

評価については

ここで述べていることを基準に

しています。

 

医療保険に加入中ならその保障も考える

がん保険の主契約に

入院日額の保障や

手術の保障がある場合、

医療保険に加入中なら

そちらの保障も考えて

保険金額を決定します。

 

以前はがん保険だけが

がんによる入院日数が

無制限の保障でしたが、

最近は三大疾病無制限保障の

医療保険も多くなりました。

 

医療保険の保障だけで

入院と手術は十分だと

考えられる場合には、

がん保険では最低限の保障に

しておくといいでしょう。

 

入院や手術が主契約にはない

がん保険を選ぶというのもいいですが、

その方が保険料が高くなったり、

保障内容が今ひとつな場合もあります。

しっかりと比較はしてもらいましょう。

 

もしもあなたにとって心配な病気が

特にがんである場合には、

医療保障を最低限の保障にし、

がん保険に比重を置くという方法を

とるのもいいと思います。

がん保険のみに加入するのも

ひとつの方法です。

 

必ず受け取れる給付金を考える

がん保険では入院・手術のほか、

通院したとき、がんと診断されたとき、

抗がん剤治療を受けたとき、

放射線治療を受けたとき、

自由診療を含む実費分など、

様々な給付金があります。

 

この中でもがんになってしまった場合

必ず受け取れる給付金があります。

それが「がん診断給付金」という

がん診断一時金になります。

(名称は様々です)

 

診断一時金の優れているところは

がんの治療に関係なく一時金を

受け取れるというところにあります。

 

治療費以外にも多くの費用が

必要だと想定されているのであれば、

この診断一時金を多くすることで

解決することが可能です。

 

終身タイプのがん保険に加入する場合、

これから先がんの治療法は変化すると

予想することができます。

遺伝子治療やウィルス療法、

iPS細胞の技術などが主流になると

抗がん剤治療の特約をつけていても

使えなくなる可能性があります。

 

この診断一時金に関しては

「治療をしない」という選択をしても、

受け取ることができます。

 

がん保険ランキングにおいても

この診断一時金については特に

ランク付けの要素として評価をしています。

 

診断一時金の給付条件

保険商品によって異なるのが、

がん診断給付金の給付条件です。

 

『がん診断一時金』 という

名称は同じようなものが多いですが、

商品による違いを知っておくことは

とても重要になります。

 

かなりの違いがあるということを

是非知っておいてください。

 
がん診断一時金の給付条件等

<がん診断一時金初回の給付条件>

悪性がんのみが給付の対象

悪性がんまたは上皮内がんが給付の対象

給付条件が「がん」と診断された時

給付条件が「がん治療」のため入院を開始した時

 

<上皮内がんで給付される割合>

悪性がんと同額

悪性がんの半分

悪性がんの10%

 

<複数回払いの対象>

複数回払い対象外

悪性がんのみが複数回払いの対象

悪性がんと上皮内がんがひとまとまりで複数回払いの対象

悪性がんと上皮内がんがそれぞれ別々に複数回払いの対象

上皮内がんのみが複数回払いの対象

 

<複数回払いの条件>

1年に一度復活

2年に一度復活

3年に一度復活

復活条件年数経過後に治療のため入院を開始した時・している時

復活条件年数経過後に新たにがんと診断された時

新たにがんと診断後に復活条件年数が経過し、治療を開始・している時

復活条件年数経過後に新たにがんと診断された時、もしくは治療のため入院を開始した・している時

 

このように、がん診断一時金は

商品によってかなりの違いがあります。

 

特に同じくらいの保険料で

掛け捨ての保険であるならば、

対象となるのは悪性がんだけでなく

上皮内がんも対象で同額保障、

複数回払いは1年に1回というのが

条件としてはいいですね。

 

実費給付型保険の注意点

保険診療、自由診療を問わず、

実際にかかった費用が給付される

実費型の商品があります。

このサイトでご紹介している

SBI損保セコム損保の商品です。

 

治療に関わる費用が

全て給付されるので

一見安心なのですが、

給付されるのは「治療費」のみです。

 

差額ベッド代等に関しては

給付の対象外となります。

 

それらの費用に関しては

貯蓄でカバーをするか、

がん診断一時金中心の

がん保険を利用するなど

しておく方が安心です。

 

特約などはよく考えて加入しましょう

がん診断一時金以外は

入院時、手術時、治療時など

給付対象となる事由が必要です。

 

本当にあなたにとって

必要だと思える特約などには

加入してもいいかと思いますが、

勧められたからなどの理由だけで

選択しないように気をつけましょう。

 

がん診断一時金の給付条件や

特約や保険料の比較などはもちろん、

加入中の医療保険の保障を含め

本当に必要ながん保障を

プロに相談してみましょう。

soudansaki

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。