生命保険の加入を考えるにあたり、

どれくらいの保険料を

同じ年代の人が払っているか

とても気になりますよね。

 

とはいえ、加入する保険の種類によっても

保険料は変わってきます。

ここでは具体的にどういう保険に入ると

保険料がいくらくらいになるのかを

見ていこうと思います。

独身の方が加入しなくて良い保険

まず独身の方の場合ですと

別に加入しなくても良い保険があります。

それは死亡保障です。

 

本人が死亡保障に入っているつもりでなくても、

よほどの状態にならない限り給付されることのない

介護保障や就業不能保障も

死亡保障を兼ねています。

こういった保険も死亡保障と考えていいでしょう。

これは知っておいてください。

 

入院保障を中心とした医療保険

保障が入院と手術だけでいい。

そんな場合の保険料がどうなるかです。

これは入院日額などによっても変わりますし

保険会社や保険期間、

保険料払込期間によっても変わりますので

目安として考えてください。

 

次のような保障の場合はどうなるでしょうか。

 
シンプルな医療保険

入院日額 10000円(120日型)

手術給付金 外来5万円 入院20万円

先進医療特約 2000万円まで

保険期間 終身

保険料払い込み期間 終身

 

医療保険でこれといった特約をつけなければ

シンプルにこのような保障になります。

保険会社2社の平均値を取っています。

つまりこの保険料より安い保険会社があるということです。

 

20歳女性の場合 3495円

20歳男性の場合 3015円

 

30歳女性の場合 4035円

30歳男性の場合 3725円

 

40歳女性の場合 4545円

40歳男性の場合 4900円

 

50歳女性の場合 5900円

50歳男性の場合 6810円

 

この場合は入院日額1万円ですので

5千円ならだいたい半分くらいになります。

 

がん保険

がん保険の場合は特約が様々だったり

保障内容もいろいろあります。

ここでは次のようなシンプルな内容で

考えてみようと思います。

 
一般的ながん保険

がん診断一時金 100万円

(上皮内がん同額 2年に1回復活)

がん入院日額 10000円

がん通院日額 10000円

がん手術給付金 20万円

がん先進医療特約 2000万円まで

保険期間 終身

保険料払込期間 終身

 

保険会社2社の平均値を取っています。

つまりこの保険料より安い保険会社があるということです。

 

20歳女性の場合 2871円

20歳男性の場合 2904円

 

30歳女性の場合 3471円

30歳男性の場合 3670円

 

40歳女性の場合 4231円

40歳男性の場合 4861円

 

50歳女性の場合 5152円

50歳男性の場合 6883円

 

というようになります。

がん保障の場合は

がん保険のほかにも

医療保険にがん特約をつける

という方法もあります。

 

保険料の平均

独身女性や独身男性の場合ですと、

このような医療保険とがん保険に入る人が多くいます。

 

保険会社2社の平均を出していますので、

年代別保険料の目安になるかと思います。

 

今回は保険料終身払い、

保険期間終身

で算出していますので、

保険期間10年などですと、

これより安くなるはずです。

 

にもかかわらず、あまり保険料が変わらないなど

そういった場合は見直すことを検討されるといいでしょう。

 

逆に保険料払込期間が65歳などになると

保険料は高くなります。

 

もちろんこれは一つの例です。

医療保険の入院日額を減らして

特約をしっかりつける方法などもあれば、

違うタイプの医療保険、がん保険を

利用する場合もあると思います。

 

詳細な内容は保険のパンフレットを見るのがわかりやすいので

資料請求されることをおすすめします。

請求先では順位が付いていますが、

そういうのは気にする必要はありません。

医療保険は

三井住友海上あいおい生命 新医療保険Aプレミア

オリックス生命 新CURE

あたりの資料請求がお勧めです。

特約に魅力がありますから

じっくり読まれると違いがわかると思います。

特に新医療保険Aプレミアの特約はすごいです。

 

がん保険は

チューリッヒ生命 終身ガン治療保険プレミアムDX

セコム損保 自由診療保険メディコム

あたりの資料請求がお勧めです。

特にがん保険に入らなくても

医療保険の特約でカバーできると思いますが、

この2社のがん保険は

がんが特に心配な人には

良いかと思います。

siryouseikyuu

医療保険やがん保険以外にも貯蓄性の保険などがあります。

それらに加入していると保険料は高くなります。

 

一概に保険料の平均とはいっても、

加入している保険種類の違いもありますので、

まとめて比較するのは難しいです。

 

より詳細に保険について確認したい場合は

保険の無料相談をされることをおすすめします。

soudansaki

 

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。