朝日生命 スマイルメディカルNextα 2018年度版

主契約部分の評価

rankb

特約部分の評価

ranka

※RANKはS~Dまで評価

 

朝日生命の終身医療保険

今回は朝日生命の

終身医療保険

スマイルメディカルNextα
(スマイルメディカルネクストアルファ)

について

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

朝日生命 スマイルメディカルの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型のみしかない

入院はⅠ型とⅡ型がありⅠ型は七大疾病の入院が無制限になり特定精神疾患での入院が120日に延長される

七大疾病はがん(上皮内がん含む)、心疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患

Ⅰ型での無制限の対象が糖尿病以外は病気が限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

手術給付金は入院中の手術の場合入院日額の10倍~40倍が給付される

 

放射線治療給付金は入院日額の10倍給付される

 

骨髄移植給付金は入院日額の10倍給付される

 
 

このように、主契約に関しては

入院、手術がメインです。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を検討している場合、

特に七大疾病が不安な場合

選択肢としてありです。

 

七大疾病無制限は

いざというときに使うという

保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

主契約部分で残念な点

1入院ですが60日型のみ

というのはとても残念です。

 

七大疾病無制限型は

選択することができますが、

それ以外の病気では

特定精神疾患での入院が

120日になるだけで、

他の長期入院には対応できません。

せめて120日型は欲しいですね。

 

 

七大疾病無制限型では

全てのがんも入院無制限になります。

 

その部分だけを考えると、

がん保険と同じです。

つまり特約で

がん診断一時金や

7大疾病初回一時金特約

を付加すれば、

医療保障付きがん保険

というようなことが

可能になります。

 

七大疾病無制限型は

いざというときに使うという

保険の本質を考えると

選択しておくべきだと思います。

 

 

入院中の手術給付金においては、

開頭脳手術・開胸心臓手術及び

がん組織摘出のための

開頭・開胸・開腹手術

入院日額の40倍給付されますが、

それ以外の開胸・開腹手術

がんの手術が入院日額の20倍

感覚器に対する手術が入院日額の5倍

その他の入院中の手術が10倍

となっています。

 

そうすると、入院中の手術の多くは

10倍に該当するでしょうから、

入院中の手術は一律20倍の方が

多く受け取れる可能性が高くなると

考えられます。

 

わかりやすさを考えても

そちらの方が良かったのではと

思ってしまいます。

 

朝日生命 スマイルメディカルの特約部分

この医療保険の特約は

わりと充実しています。

 

他社にはないようなものもあり、

うまく活用することもできます。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額が給付され通算は2000万円まで(1回450万円限度)

先進医療給付金とは別に先進医療見舞金が10%が給付される

 

入院一時金給付特約は1回の入院で最大20万円の一時金が給付される

 

退院後の通院で一時金が受け取れる通院特約が付加可能

通院特約の一時金は1万円~5万円で設定できる

 

がん治療特約には入院・手術・放射線・抗がん剤の治療を保障する治療給付金診断一時金がセットになっている

がん治療給付金は入院・手術・放射線・ホルモン療法で毎月1.5万円~5万円が給付される

がん治療給付金は抗がん剤治療で毎月3万円~10万円が給付される

がん治療給付金の支払限度は360万円~1200万円である

がん診断一時金(上皮内がん含む)は入院日額に関係なく15万円~100万円まで付加できる

がん診断一時金は付加しないことも可能

がん(上皮内がん含む)診断一時金は初回診断時・2回目以降は診断時か入院時に給付

がん(上皮内がん含む)診断一時金は診断確定から1年に1回復活し何度でも受け取れる

 

七大疾病初回一時金特約は入院日額に関係なく20万円~500万円を付加できる

七大疾病初回一時金特約は七大疾病で所定の状態になると1度だけ受け取れる

七大疾病はがん(上皮内がん含む)、心疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患全体ではなく一部の疾病

がん(上皮内がん含む)は診断確定で給付金が受け取れる

心疾患は急性心筋梗塞・拡張型心筋症入院するか手術を受けたときに給付金を受け取れる

脳血管疾患は脳卒中で入院または手術を受ける脳動脈瘤で手術を受けるか破裂したと診断されたときに給付金を受け取れる

糖尿病は糖尿病性網膜症の手術を受けるかで糖尿病性壊疽の治療のため切断術を受けたときに給付金を受け取れる

腎疾患は慢性腎不全で永続的な人工透析療法を開始するか腎移植手術を受けたときに給付金を受け取れる

肝疾患は肝硬変で食道・胃静脈瘤の治療のための手術または破裂と診断されるか肝移植手術を受けたときに給付金を受け取れる

高血圧性疾患は大動脈瘤等の治療のために手術を受ける破裂したと診断されたときに給付金を受け取れる

 

女性疾病入院特約は入院日額が上乗せされる

女性疾病入院特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)と女性に多い病気も対象

 

保険料払込免除特則の条件は七大疾病初回一時金の給付条件と同じである(但し上皮内がんの診断確定は除く

 

このように特約に関しては

わりと充実した内容になっています。

 

特約部分で優れている点

七大疾病初回一時金が

珍しい特約です。

一時金は1回限りですが

入院日額に関係なく、

最大500万円まで付加できる

というのは自由度が高いです。

プロの間でも評判がいいです。

 

がん保障は

上皮内がんでも対象となり

100%支給されます。

保険会社によっては

上皮内がんは対象外だったり、

10%しか給付されないところもあります。

 

七大疾病といっても

疾病は限定されていますが、

脳卒中・急性心筋梗塞は

入院時に給付対象となるなど

条件は緩いほうです。

七大疾病を特にカバーしたい場合は

非常に有効な特約です。

 

この一時金を目当てにしたい場合、

入院日額は3000円から

加入できますので、

それに七大疾病一時金特約を

大きい金額で付加するという使い方が

いいのではないでしょうか。

 

保険料払込免除特約の条件

上皮内がんは対象外になりますが、

七大疾病初回一時金特約の条件と

同じです。

 

払込免除の条件が

悪性新生物と診断される他、

脳卒中・急性心筋梗塞は

60日以上の後遺症だったり

60日以上の労働制限だったり

するところも多いのですが、

この2疾病に関しては

入院か手術で該当しますし、

対象となるの疾病が

七疾病というのも魅力です。

 

 

抗がん剤治療の対象でもある

がん治療給付金は、

10年などの更新型になっている

保険会社が多いのですが、

終身型なので保険料が上がりません。

支払限度額も大きいです。

 

抗がん剤だけでなく、

入院・手術・放射線でも

給付金が受け取れますので

保障の範囲も広いです。

 

特約部分で残念な点

七大疾病初回一時金特約の

給付対象となる疾病ですが、

限定されているのが

残念なところです。

 

七大疾病の全てが対象ではなく、

その中の一部の疾病のみです。

 

特に心疾患や脳血管疾患

全てが対象範囲となっている

保険会社もありますので、

ここは広範囲であってほしかったです。

 

今回の朝日生命

「スマイルメディカル」は

主契約よりも特約に

魅力がある医療保険です。

 

他の保険と組み合わせることで、

主契約部分をカバー可能です。

 

組み合わせ方などをプロに相談したり

他の医療保険と

比較することをおすすめします。

見直し相談先のおすすめはこちらです。

soudansaki

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。