東京海上日動あんしん生命 メディカルKitNEO 2018年度版

主契約部分の評価

ranks

特約部分の評価

※RANKはS~Dまで評価

 

東京海上日動あんしん生命の終身医療保険

今回は東京海上日動あんしん生命の終身医療保険、

メディカルKitNEOについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

メディカルKitNEOの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術、および骨髄等の採取術給付金です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は60日型、120日型、360日型から選択できる

がん(上皮内がん含む)・脳血管疾患心疾患での入院無制限型を選択できる

無制限の対象が「がん」のほか「心疾患」「脳血管疾患」で疾病が限定されておらず範囲が広い

初期入院10日給付特則を付加すると日帰り入院から入院10日目まで一律10日分が保障される

 

手術給付金はⅠ型とⅢ型があり共に外来では入院日額の5倍給付される

手術給付金はⅠ型では入院中の手術の場合入院日額の10倍が給付される

手術給付金はⅢ型では入院中の手術の場合入院日額の10倍~40倍が給付される

放射線治療給付金は入院日額の10倍給付される

 

骨髄等の採取術を受けた場合は1度だけ入院日額の10倍が給付される

 
 

このように、主契約に関しては

しっかりしています。

 

入院給付金を一律10日分も

選択できるようになっているのは

自由度が高いといえます。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を検討している場合、

特に長期入院が不安な場合

選択肢としてありです。

 

1入院の選び方ですが、

おすすめは360日型です。

三大疾病無制限などを付加しても、

それ以外の病気で長期入院の可能性は

ないとは言えないからです。

 

この360日型が用意されていることは

プロの間で評判のいい部分です。

 

特に入院が長期になってしまう

就業不能の原因第一位でもある

精神疾患での入院や、

老後に骨折などが原因で

長期の入院になったり

入退院を繰り返すことになると

1年間の入院保障は強いです。

(無制限以外は通算1095日の支払限度)

 

三大疾病入院無制限は

いざというときに使うという保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

 

手術給付金ついては2種類から選べます。

手術Ⅰ型を選べば

保険料は安く抑えることができます。

入院中の手術でも10倍は出ますので

悪くないと思います。

 

主契約部分で残念な点

残念な点が一点あります。

 

手術Ⅲ型です。

開頭・開胸・開腹手術や移植手術

入院日額の40倍給付されますが、

それ以外の手術では

腹腔鏡・胸腔鏡・縦隔鏡

用いた手術が入院日額の20倍

その他の入院中の手術が

10倍となっています。

 

そうすると、入院中の手術の多くは

10倍に該当するでしょうから、

入院中の手術は一律20倍の方が

多く受け取れる可能性が高くなると

考えられます。

 

わかりやすさを考えても

そちらの方が良かったのではと

思ってしまいます。

 

メディカルKitNEOの特約部分

この医療保険の特約は

種類も多いのですが

保険期間や限度額などの制約も多く

けっこうややこしくなっています。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円までで10年更新となっている

 

5疾病就業不能特約は悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全が対象となる

5疾病就業不能特約は5疾病により就業不能状態になったときに給付対象となる

就業不能状態は入院、全ての業務に従事できない状態、所定の高度障害状態のどれかである

就業不能給付金は30日以上就業不能状態が継続したと診断された場合に給付金が受け取れる

5疾病就業不能特約は1年経過ごとに30日以上就業不能状態が継続したと診断された場合に何度でも給付金が受け取れる

就業不能給付金は1回100万円と決まっている

5疾病就業不能特約は10年更新型で65歳までの特約となる

5疾病就業不能特約は特定治療給付特約と一緒には付加できない

 

抗がん剤治療特約は10年更新型である

抗がん剤治療特約は抗がん剤治療を受けた場合に毎月5万円または10万円を最大60ヶ月受け取れる

 

入院前後の通院を保障する通院特約が入院日額の6割で付加可能(がん外来治療給付特約と両方は付加できない)

 

がん診断特約は初回診断時・2回目以降も診断時に給付

がん(上皮内がん含む)診断一時金は上皮内がんの場合は1回限りで50%の給付となる

がん診断一時金は診断確定から2年に1回復活し何度でも受け取れる

悪性新生物初回診断特約は悪性新生物に限り1度だけ給付される

がん診断特約は悪性新生物初回診断特約と合わせて100万円まで付加できる

 

がん通院特約は入院日額と同額付加でき入院前後の通院が保障される(通院特約と両方は付加できない)

 

特定治療給付特約はⅠ型とⅡ型とⅢ型があり最大100万円まで付加できる

特定治療給付特約Ⅰ型の対象となる疾病はがん(上皮内がんを含む)・心疾患・脳血管疾患である

特定治療給付特約Ⅱ型とⅢ型の対象となる疾病はⅠ型に加えて肝硬変・慢性腎不全・糖尿病が含まれる

特定治療のがんは初回は診断時に2度目以降は所定の治療を受けたときに給付となる

上皮内がんは1回限りで50%の給付となる

特定治療の糖尿病の給付条件は三大合併症の治療を受けたときで1回限りでⅡ型で50%・Ⅲ型で100%が給付される

特定治療給付金は1年に1度復活し最大5回まで受け取れる(上皮内がん・糖尿病は1回限り)

 

保険料払込免除特約の条件は悪性新生物と診断又は脳血管疾患・心疾患で手術を受けるか20日以上の入院が条件

 

女性疾病特約は入院日額が上乗せされる

女性疾病給付特約は女性特有の病気だけではなく三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)も対象となる

女性疾病特約は悪性新生物による乳房再建手術を受けたときに入院日額の200倍が給付される

 

このように特約に関しては

数も多いのですが

内容が複雑になっています。

パンフレットなどでしっかりと

確認する必要があります。

 

特約部分で優れている点

保険料払込免除については

悪性新生物と、

心疾患・脳血管疾患が対象で

範囲が広いのは良いことです。

 

免除の条件も

手術か20日以上の入院ですから、

多少該当しやすくはなっています。

 

対象の疾病が悪性新生物及び、

脳卒中・急性心筋梗塞限定だったり

条件が60日以上の後遺症や

60日以上の労働制限だったり

するところも多いですから。

 

保険料を終身払いにするのであれば

検討する価値はありますね。

 

 

女性疾病特約も

女性特有の疾病に加えて

三大疾病も対象となり、

乳房再建術でも

一時金を受け取れる点は

優れています。

 

特約部分で残念な点

特約の数が多い分、残念な点もあります。

 

まずは5疾病就業不能特約です。

対象となる疾病が限られていることが

とても残念です。

 

「がん」に関してはいいのですが、

他の4疾病に関しては

「脳卒中」「急性心筋梗塞」「肝硬変」「慢性腎不全」

限定されてしまっているところです。

ここはあまり評判の良くないところです。

 

更に付加できる給付金が

100万円というところです。

就業不能でこの給付額は

少ないという印象があります。

 

また10年更新なので

保険料が上がっていきますし、

65歳までしか契約期間がありません。

終身で契約できないのは

物足りないところです。

 

 

がん診断一時金に関しても

悪性新生物初回診断特約と

合わせて100万円までの付加と

給付額の上限が少ない点と、

上皮内新生物は50%の給付で

1回限りとなっていること。

複数回払いの条件も

2年に1回となってますから

特定治療支援特約と同様に

1年に1回の方がいいですね。

 

 

特定治療支援特約でも

上皮内がんの場合は1回限りで

かつ50%しか給付されないことや、

2回目の条件も単純に入院ではなく

悪性ガンの場合は所定の治療と、

将来該当しなくなる可能性があります。

 

心疾患、脳血管疾患の給付条件

疾病の範囲が広いのは良いですが、

単純に入院ではなく

手術か20日以上の入院というのが

残念なところです。

 

今後入院は短くなっていくでしょうし、

手術なしでの治療も存在します。

この部分で特約の評価は

どうしても下がってしまいます。

 

糖尿病の給付条件も

対象となるのは三大合併症のみで

給付も1回限りです。

 

給付額の上限も100万円なので

もっと多く付加しようと思っても

それは不可能です。

 

 

せっかくいろいろな特約があるのですが、

給付条件や給付額の上限に

残念な点がありますね。

 

今回の東京海上日動あんしん生命

「メディカルKitNEO」のパンフレットは

こちらから請求可能です。

他の医療保険と共に一括資料請求をして

ご自身で保険料などの詳細を確認してみましょう。

siryouseikyuu

保険料などをプロに比較してもらう場合の

見直し相談先のおすすめはこちらです。

この保険は特約もややこしいですので、

プロに比較してもらうことをおすすめします。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。