三井住友海上あいおい生命 新医療保険Aプレミア 2018年度版

主契約部分の評価

ranks

特約部分の評価

ranks

※RANKはS~Dまで評価

 

三井住友海上あいおい生命の終身医療保険

今回は

三井住友海上あいおい生命の

終身医療保険、

新医療保険Aプレミアについて

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらは入院や手術などを保障する

医療保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

 

新医療保険Aプレミアの主契約部分

この医療保険の主契約は、

入院と手術、および集中治療室(ICU)管理です。

 

他社の医療保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

1入院は30日型、60日型、120日型から選択できる

日帰り入院から入院5日目まで一律5日分が保障される

初期入院10日給付特則を付加すると、5日分が10日分となる

がん(上皮内がん含む)、心疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝疾患、腎疾患、膵疾患での八大疾病入院無制限型を選択できる

無制限の対象が糖尿病以外は病気が限定されておらず範囲が広い

 

手術給付金は外来で入院日額の5倍給付される

放射線治療給付金は入院日額の10倍給付される

入院中の手術給付金は入院日額の10倍又は20倍のどちらかを加入時に選択できる

 

集中治療室(ICU)管理給付金は入院日額の20倍給付される

 
 

このように、主契約に関しては

入院、手術がメインではあるものの

かなり充実しています。

 

集中治療室(ICU)管理給付金などは

他社ではなかなか見られない内容です。

実際にICUで費用がかかるので

プロの間でも評判はいいです。

 

入院給付金を一律5日分、10日分の

どちらかを選べたり、

入院中の手術給付金も

入院日額の10倍、20倍を選べるなど、

選択の幅が広いのはありがたいです。

 

シンプルに入院と手術のみの

医療保険を検討している場合は、

選択肢としてありです。

 

1入院の選び方ですが、

おすすめは120日型です。

八大疾病無制限などを付加しても、

それ以外の病気で長期入院の可能性は

ないとは言えないからです。

 

面白いのが30日型というのがあるところです。

後述しますが、敢えてこの30日型を選んで

保険料を安く抑えつつ、

特約を充実させるということが可能です。

 

八大疾病無制限を付加すれば、

たとえ30日型であっても、

八疾病に限っては入院無制限になります。

 

全てのがんも入院無制限になります。

 

その部分だけを考えると、

がん保険と同じです。

つまり特約で

がん診断一時金を付加すれば、

医療保障付きがん保険

というようなことが

可能になります。

 

八大疾病無制限は

いざというときに使うという

保険の本質を考えると

付加しておくべきだと思います。

 

入院中の手術給付金は

10倍か20倍を選べますので、

保険料を少しでも

安く抑えたい場合には

10倍を選ぶということが可能です。

 

主契約部分で残念な点

細かいところですが残

念な点が二つあります。

 

一つは日帰りから

入院5日目までの入院が

一律5日分の保障となりますが、

主契約として組み込まれていますので

これを外すことができないという点です。

 

5日以上の入院であれば、

これがあってもなくても

給付される保険金は同じになります。

 

この一律が

不要と考える人もいるでしょうから、

外せるという選択肢はほしかったです。

 

もちろん、充実した保障という意味では

ある方がいいのですが。

 

もう一点は八大疾病無制限特則です。

これを付加しなければ無制限はなくなります。

無制限なしか、八疾病無制限か、二択なんです。

 

八疾病も無制限の保障はいらないので、

三大疾病(がん、脳血管疾患、心疾患)だけ

無制限保障があればいい。

そういう方もいると思います。

 

これも選択できるようになっていれば

なお良かったのにと思います。

 

もちろん、保障という意味では

疾病範囲が広く

内容に申し分はありません。

 

新医療保険Aプレミアの特約部分

この医療保険の特約は

かなり充実しています。

この保険さえあれば、

はっきりいって、

がん保険は不要です。

 

しかも給付条件が

緩いものがあったり

他社では10年更新のものが

終身保障だったり

内容もしっかりしています。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで保障

先進医療特約は技術料だけでなく交通費と宿泊費も保障

 

退院後の通院を保障する通院特約が付加可能

 

がん(上皮内がん含む)診断一時金は初回診断時・2回目以降は入院時に給付

がん(上皮内がん含む)診断一時金は入院日額に関係なく200万円まで付加できる

がん(上皮内がん含む)診断一時金は診断確定から1年に1回復活し何度でも受け取れる

 

がん治療通院給付特約は支払対象期間中は何日でも保障され往診・訪問診療等も保障

 

抗がん剤治療給付特約は終身保障ホルモン療法等も給付対象になる

抗がん剤治療特約は抗がん剤治療を受けた場合に毎月5万円または10万円を最大60ヶ月受け取れる

 

三大疾病入院一時金特約の給付範囲はがん(上皮内がん含む)・脳血管疾患・心疾患とかなり幅広い

三大疾病入院一時金は入院日額の200倍まで付加できる

三大疾病入院一時金は入院開始時というかなり緩い条件で給付される

三大疾病入院一時金は入院開始から1年に1回復活し何度でも保障される

 

保険料払込免除特約の条件が悪性新生物と診断又は脳血管疾患・心疾患で入院したときと条件がかなり緩い

 

終身介護保障特約は要介護2以上か約款所定の生活介護状態で保障される

終身介護保障特約は年金の一時金あり・なしを選択できる

終身介護保障特約は5年確定年金のほか終身介護年金を選択できる

 

女性疾病給付特約は女性特有の病気だけではなく全てのがん(上皮内がん含む)と女性に多い病気も対象

女性疾病給付特約は入院だけでなく手術や放射線治療も対象となり一部手術は給付金も増額される

 

女性サポート給付金付がん診断給付特約は定期の保障で出産・特定不妊治療に備えることができる

女性サポート給付金付がん診断給付特約はがん(上皮内がん含む)にも備えることができる

女性サポート給付金付がん診断給付特約は特約保険期間満了時には満了時給付金が受け取れる

 

このように特約に関しては

数もかなり多い上に

内容も相当良くなっています。

 

特約部分で優れている点

がん診断一時金は

入院日額に関係なく

200万円まで付加できます。

 

1年に1度復活もしますから、

特約としては強いと思います。

2年に1度ではありません。

 

新医療保険Aプレミアのがん保障は

上皮内がんでも対象となり

100%支給されます。

保険会社によっては

上皮内がんは対象外だったり、

10%しか給付されないところもあります。

 

 

もうひとつの強みとして

三大疾病入院一時金は

がん(上皮内がん含む)・

脳血管疾患・心疾患と

疾病の範囲が広いうえに、

給付条件が「入院時」と

かなり緩いです。

これに関しては

プロの間での評判もかなり良く、

この保険商品の

一番のお勧めポイントです。

 

対象の疾病が

がん(上皮内がん含む)・

脳卒中・急性心筋梗塞ではなく

給付条件も20日以上の入院だったり

手術を受けたときなどではないのです。

 

更に1年に1度復活もしますから、

特約としては相当強いと思います。

2年に1度ではありません。

 

例えばこのようなことも可能です。

 

入院日額を3000円にし

がん診断一時金を

200万円にします。

更に三大疾病入院一時金を

50万円付加します。

すると「がんと診断されて入院」すれば

給付金を250万円

受け取ることが可能です。

一時金重視の

がん保険のようなことができます。

 

既に他社の医療保険に

長く加入している場合は、

特約に魅力があれば

このような方法で

保障を厚くする方法がとれますね。

 

 

抗がん剤治療給付特約は

10年などの更新型になっている

保険会社が多いのですが、

終身型なので保険料が上がりません。

 

 

保険料払込免除特約の条件も

対象の疾病が悪性新生物及び、

脳卒中・急性心筋梗塞限定だったり

60日以上の後遺症や

60日以上の労働制限だったり

するところも多いのですが、

悪性新生物又は

脳血管疾患・心疾患で入院したときと

かなり緩い条件になっています。

保険料払込期間を終身払いにするなら

付加する価値は大いにありそうです。

 

 

女性疾病給付特約

入院日額の上乗せだけでなく

手術も上乗せされるところは

優れています。

疾病の範囲も

女性特有の病気だけでなく

上皮内がんを含む

全てのがんに加え、

鉄欠欠乏性貧血や膀胱炎、

リウマチなどの

女性に多い病気も対象となります。

 

女性の場合はこの特約で

入院日額を上乗せすれば

がんの入院・手術の保障も

手厚くすることができます。

 

特約部分で残念な点

特に残念な点はないのですが、

こうであれば良かったのになと思う点が二点です。

 

一つは三大疾病入院一時金です。

疾病範囲と給付条件は完璧なのですが、

がん診断一時金と同じように

入院日額に関係なく

200万円まで付加できれば

もっと良かったのになと思います。

 

この保険の一つ前のものでは

入院日額の100倍まででしたので

付加できる保障額は上がったのですが、

もう一声欲しいところでした。

 

それだけこの特約が

給付されやすいということだと思います。

 

もう一つは介護保障です。

要介護2以上での給付条件ですが、

要介護1以上であれば

更に良かったのになと思います。

 

但し要介護2以上でも

終身保障が選択できるというのは

とても良い内容だと思います。

 

今回に関しては残念な点というより

こちらの希望です。

 

今回の

三井住友海上あいおい生命

「新医療保険Aプレミア」の

パンフレットは

こちらから請求可能です。

他の医療保険と共に

一括資料請求をして

ご自身で保険料などの

詳細を確認してみましょう。

siryouseikyuu

保険料などを

プロに比較してもらう場合の

見直し相談先の

おすすめはこちらです。

この新医療保険Aプレミアは

必ず設計してもらうことを

おすすめします。

そのうえで他の医療保険も

あわせて比較してもらいましょう。

soudansaki

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。