アフラック生命 生きるためのがん保険 Days1 2018年度版

評価

rankc

※RANKはS~Dまで評価

 

アフラック生命の終身がん保険

今回はアフラック生命の終身がん保険、

生きるためのがん保険 Days1について

しっかりと解説していこうと思います。

 

こちらはがんの診断や

入院や手術などを保障する

がん保険の終身タイプになります。

 

保障は一生涯で

加入時の保険料は上がりません。

(一部特約を除く)

 

生きるためのがん保険 Days1の主契約部分

このがん保険の主契約は、

診断給付金、入院給付金、

通院給付金です。

 

他社のがん保険と比較する場合は

以下の特徴を参考にしてみましょう。

 
主契約と特徴

がん診断給付金は初めて悪性がんと診断確定されたとき入院日額の100倍が受け取れる

がん診断給付金は初めて上皮内がんと診断されたとき入院日額の10倍が受け取れる

がん診断給付金は悪性がんと上皮内がんのそれぞれで1回限りの給付となる

 

がん入院給付金はがんによる入院は無制限に保障される

 

がん通院給付金はがんの治療による通院1日につき給付金が受け取れる

がん通院給付金は日数無制限で保障される

 
 

このように、主契約に関しては

通院保障に力を入れている

傾向があるようです。

 

主契約部分で残念な点

何といっても診断一時金が

1回限りの保障という点です。

多くの他社は主契約だけでも

1年や2年に1度復活します。

 

更に上皮内がんの場合には

10%しか給付されません。

ここはプロの間でも

かなり評判の悪いところです。

 

 

がんの通院が何故か主契約

組み込まれています。

一般的に組み込まれている

手術給付金は主契約に

入っていません。

 

どうせなら通院保障も

特約にするべきなのではと

思ってしまいます。

 

生きるためのがん保険 Days1の特約部分

このがん保険の特約は

種類が豊富です。

 

パンフレットでは

スタンダードプランや

充実プランという名称で

主契約とセットでの

販売をされています。

 

まるで「オプション」だけが

特約のような印象を受けます。

わかりにくいですね。

 

以下、特約と特徴です。

 
特約と特徴

がん先進医療特約は技術料と同額で通算2000万円まで給付される

がん先進医療特約は技術料と別に1回20万円が給付される

がん先進医療特約は10年更新型である

 

がん手術・放射線特約はがんの手術及び放射線治療を受けたときに入院日額の20倍が給付される

 

特定診断給付金特約は悪性がんに限り入院日額の100倍の給付金が1回限り給付される

給付条件の一つは診断から2年以内に治療目的の入院と手術・放射線・抗がん剤治療による通院の合計が30日を超えた場合である

給付条件のもう一つは診断から2年経過後にがんと診断確定されるか治療のため入院・通院をした場合である

 

診断給付金複数回支払特約を付加することで主契約の診断給付金が2年に1度復活する

給付条件は診断から診断から2年経過後に治療のため入院・通院をした場合である

 

抗がん剤・ホルモン剤治療特約は治療を受けた月ごとに1回を限度に給付金が給付される

抗がん剤・ホルモン剤治療特約は10年更新型である

 

女性がん特約の乳房再建給付金は1回につき50万円が給付される

女性がん特約の女性特定ケア給付金は乳房観血切除術、子宮全摘出術、卵巣全摘出術1回につき20万円が給付される

女性がん特約は10年更新型である

 

外観ケア特約は脱毛の症状が生じたと診断されたとき10万円が1回限り給付される

外観ケア特約は顔または頭部に生じたがんの摘出、切除術で20万円が1回限り給付される

外観ケア特約は手指または足指の第一関節以上の切断術で20万円が1回限り給付される

外観ケア特約は10年更新型である

 

緩和療養特約では治療を受けた月ごとに1回を限度に給付金が最大24回給付される

給付条件の一つ目は所定の疼痛緩和約または神経ブロックが使用された入院または通院をしたときである

給付条件の二つ目は緩和を目的とする所定の緩和ケア病棟へ入院をしたときである

給付条件の三つ目は所定の在宅医療を受けたときである

 

特定保険料払込免除特約は特定診断給付金特約と同じ条件に該当すると適用される

 

このように特約に関しては

種類が豊富です。

 

特約部分で優れている点

特定診断給付金特約は

1年以内であっても入院と

所定の通院日数の合計が

30日を越えると受け取れます。

 

症状によっては1年や2年を

待たずに受け取れるというのは

ありがたいですね。

 

特約部分で残念な点

特約の種類は多いのですが、

10年更新のものが多いので

全て終身型に統一する方が

わかりやすいですね。

 

 

外見ケア特約のように、

受取が1回限りでかつ

受取額も少ないものは

本当に必要かどうか疑問です。

 

 

主契約の診断給付金が

1回限りであることを補うため

複数回払いの特約があります。

しかし、特約にしなくても

初めから複数回払い有りにすれば

追加する必要もありません。

やはりここに関しては

プロの間でも評判は

良くありません。

 

特定診断給付金特約と

診断給付金複数回支払特約は

どちらも一時金の特約で、

二つの違いがわかりにくいです。

 

わざわざ別々の特約にせず、

一つにまとめることは

できなかったのでしょうか。

 

複数回払いの特約および

抗がん剤治療の特約などを

付加するのであれば、

他社のがん保険で

複数回払いが主契約として

初めから用意されている

がん保険において、

診断給付金の金額を

増やす方が一時金が増えて

いいかもしれません。

 

その場合にどうなるかなどの

比較が必要になってきます。

保険相談サービスを利用し、

細かく設計してもらいましょう。

soudansaki

 

今回のアフラック生命

「生きるためのがん保険 Days1」の

パンフレットはこちらから

請求可能です。

siryouseikyuu

 

この記事の内容が役に立つと思いましたら、シェアしていただけると嬉しいです。